音声書き起こしメルマガに付いて

最近色んなところで聞きます。



「音声書き起こしメルマガ」

「音声書き起こし電子書籍」

「音声書き起こしブログ」



結構、長くメルマガを続けているあの人も、その手法を使っていると聞いて少し驚きました。



手法は簡単で、書きたい内容をひたすら声に出して読み上げ、ボイスレコーダーやアプリで録音。

それを他の人が書き起こして、それらしい記事やコンテンツにする方法です。



書き起こす人は自分の社員か外注か。



この件に対して、思うこと。



「そんなの良くない!」

「しっかりと自分で書くべき!!」



如何にも僕、言いそうですよね??



だけど

「やり方次第であり!」と思い、これから僕も上手くやろうと思っております。



だけど、この日刊メルマガやセールスメルマガ、レターなどでは絶対にしません。



単純に、「量のステージ」の時に駆使しようと思います。

 

これから益々オウンドメディアが重要になってくる個人Mediaビジネス。



SEO対策やデザイン・1記事の文字数の重要性など説かれておりますが、どうしても避けて通れないのは「記事数」だったりします。



やはり「数」はどうしても必要。

そして「数」が増えて行くと自分のMediaが強くなることは分かりやすく実感できる。



そうなってきた時に、この方法はありかな……と思いました。



だけど外注化というより、知らな人にはお願いしないと思います。



僕の発信を長く読んでくれて、僕の思考や狙い・意図を分かってくれる人にお願いしたい。

それはもうある意味僕にとっては「スキル」なので、他の人よりも高い報酬でお願いすることになりますが、その分、クオリティには拘りたいです。





なので

「音声書き起こし」手法は上手く駆使して行きたいですが……

やはり最初は自分で書かなきゃだと思います。



そして大事な原稿は尚更。



まだ自分の発信スタイルが見えない中、簡単だから……と言って逃げるのは良くない。



KOTOBAセミナーで散々言いましたが、

「言語化能力」は2つの意味があります。



■ 自分の思っていることを「声」に出せる能力

■ 自分の思っていることを「文字」に落とせる能力

 

ネットが台頭するまでは前者のスキルだけでも、十分、ビジネスマンとしてやっていけました。



だけど、今は辛い時代です。



逆に、恥ずかしがり屋で話すことが苦手だけど、しっかりと文章では伝えられる技術がある人がこれから重宝される時代です。



正直、嫌ですw この時代の流れww



だって、僕の最も得意なスキルは、13年営業の最前線で戦ってきた

「飲みニュケーションスキル」ですから。



かなりTOPクラスな自信があります 笑



ですが、マジでそれは時代と逆行しているスキル。



だから言ってもしようがない。



「文章力」

「KOTOBAの力」を付けなきゃいけないんだ。



なので、音声書き起こし手法は

■ 自分の思っていることを「声」に出せる能力


このスキルだけで出来ますが、やはり

■ 自分の思っていることを「文字」に落とせる能力



このスキルを身に付けるには、先ずは自分で文字に落とすことから逃げちゃダメだと思います。



今の時代、ビジネスマンに最も必要なスキル。



「言語化能力」

「文章スキル」



僕もスキルを上げ続けますぜい!



一緒に頑張りましょう!!





PS

慶應ラグビー部の同期から

「三浦のメルマガの書き方、参考にさせてもらってるよ」

と、年賀状でメッセージを頂きました。



彼もチームをまとめる立場だからこそ、メールや社内文章の重要性を理解しているんだと思います。



時代の流れに敏感に、、ですね!



ではでは

 

※登録されたメールアドレス宛にメールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認ください。