センスある消費行動を

 

何気に平日よりも土日が忙しい三浦です…

やはり土日はちょっとですね…

これからも休日はこんな感じで続くと思いますが、ご理解頂戴出来ましたら幸いです。

というのはやはり、自分の中で平日と休日のバランスをしっかり取ろう…と。

最近強く思っています。

 

Hを辞めてから、とにかくダンプカーのように突進して来ました。

朝迄働き、昼間はプレゼンして、夜は色んな人と交流…

そして帰って来てもパソコン…1日3時間睡眠なんてざら。

 

結局、僕は「ワーカーホリック」のような気がします。

とにかく仕事・仕事・仕事…

 

すぐには無理ですが、自分の中でこんな感じに出来ればな〜と思っております。

 

■ 平日は死ぬ気で仕事

■ 平日夜は出来るだけたくさんの人とコミュニケーション

■ 土日はプライベート

■ そして大切な人の記念日や、年末年始、、そういった行事も大切にする。

 

早く言えば、「人間的な生活」をした上で「自由」で「豊か」な人生を。

じゃないと、独立した意味が無い。

簡単な道のりじゃないですが、頑張って行きます。

 

2014年ももう少し。

とは言え,まだまだやれることはある。

 

ぜひ、皆様にもこの機会、

「人生にとってのプライオリティ=優先順位」を考えてもらいたいと思います。

 

▼ 「お金」だけじゃない、「センス」ある選択を。

 

H社という、一部上場企業に加え、マスコミ=広告代理店という皆から華やかな業界と思われている、

(実際はマッジで泥臭い業界ですが…)

そんな会社に13年もいたので、色々、業界人ぽい価値観というものが出来てしまった。。。

凄くダサい価値観だったので、それを乗り越えるのが大変だったが、今は凄くいいバランスを取れていると思う。

そんな話を。

 

前職時代の基本価値観は、、

良いクルマに乗って、良い家に住んで、良い時計をして、高級料理ばかり食べて、後輩には奢りまくって…

 

・・・全く身の丈の生活じゃない生活をせざる得なくなる。

 

「見栄」の塊の世界。

 

そこから抜け出して、色々見えたからこそ、僕にとって凄く大事なことが最近になって分かりました。

それは、

「お金という観点だけじゃなくて選択できる自由とセンス」

これです。

 

少しだけ例を挙げながら…

 

■ 「今日何食べようか〜?高級寿司も良いけど、なんかあの汚い焼き鳥屋に久しぶりに行きたく無い?」

この世の中、、特に東京のど真ん中は、くっそ高いくせにマジでマズいレストランなんて山ほどある。

もっと優しく言うと、まーまー美味しけど、その値段は聞いてない!

そんなレストランだらけだ。

 

前の会社にとっての生命線は「接待」。

幾ら経費が厳しくなって来ているとは言え、これは外せない。

だから自然と「美味くて安い店」の情報は入って来た。

 

先日、甲斐と近嵐と富松と打ち合わせ後、何を食べに行くか?

多数決を取って、季節も季節なんで「鍋」に行こう…と。

 

打ち合わせ場所から近い鍋屋は??

ピピピピと三浦レーダーが働き、広尾のちゃんこ鍋屋へ。

もと力士が開いているその店は、味が絶品過ぎる上に、広尾というハイソサエティな街並の駅前にあるとは思えず、凄く渋い感じ…

地方の居酒屋のような店構えだ。

だけど、美味い…そして値段もリーズナブル。

多分、もっと寒い時期になったら当日予約は無理でしょう。

 

確か以前この店で、西武ライオンズの選手とアナウンサーが合コンしているのを見て、

「なんかオシャレだな〜」なんて思った。

 

連れて行った3人は終始、絶賛の嵐。

「マジでウマいっす。」

「雰囲気も最高っす!」

全く奢るつもりはなかったが、あまりにも喜んでもらえたので嬉しくて、ついつい2万8千円、、払ってしまった。。

まあ、あんだけ食って飲んで1人7千円。悪く無い。

だけどここで重要なのは、夕飯に1人頭7千円払うサラリーマンも、なかなかいないということ。

 

だから僕は稼ぐ 笑

 

じゃあ次に行きますか?

 

■「そろそろクルマ買い替え時だな…子供も増えたし大きなクルマにするか。」

H時代、とにかく外車以外はクルマじゃないと思っていた…

トヨタ自動車担当だったのに…

「プリウス??」

買わないでしょ。

エコ?? 聞いてない聞いてない。

 

ベンツ・BMWが圧倒的に多く、独身の人はアルファロメオやマセラッティもいたな…

 

・・・全部中古。

 

そして、国産を乗っている人は嘘を付いたりもする。

「うち、クルマ無いっす」

なぜなら、ゴルフに行く時になどに、先輩を乗せなきゃ行けない。

全然気にならないけど、本人は気にする。

 

・・・凄い世界だ。

ま、なんとなく分かって頂けると思う。

※この辺の話は以前、小玉さんと前村との対談でかなり語っているので、興味のある方はどうぞ。

 

そんな意味の無い見栄が無くなった僕はAudiA4のマイカーを乗っている時、凄く幸せ。

 

・・・えっ? この流れだと国産というオチじゃ…

 

違う違う。

別に「高級ブランド」を馬鹿にしている訳じゃ無い。

高級ブランドの人気には理由がある。

 

僕はクルマが昔から大好き。

そんな中、今の空気感 = クルマに金をかけまくるのがダサい世の中の雰囲気の中で、自分が乗っていてもおかしく無い、そして乗りたい!と思うクルマを探す。

 

・フォルクスワーゲン ゴルフ

・トヨタアリスト

・ベンツCLKカブリオレ

・ベンツSL

 

こんな絵に書いたようなバブリーな遍歴から、今はAudiA4に落ち着く。

そして、僕の次のターゲットは、Facebookで繋がっている人はご存知のはず。

 

そう、レクサスのRX…トヨタハリアーの後継です。

そのハイブリッドに乗りたい、、欲しい。

 

レクサスの洗練されたブランディング、だけどその中味はトヨタなのだから圧倒的な品質、そして、ハイブリッドという優等生の顔を持つくせに、悪い顔のデザインであるRXに僕はゾクゾクする…笑

 

はーーー稼がなきゃ!

 

はい。まだまだ行きますよ〜!!

 

■「次のセミナーは勝負だからしっかりとしたスーツを新調しよう。」

一部上場企業の社員の入社式直前のメインイベントの一つ。

「どんなスーツを着ていくか?」

ま、さすがに就職活動で来ていたリクルートスーツは着ていけない。

多分、1番多いのが親とかから援助してもらいながら、5万〜8万円くらうのブランドスーツ。

カルヴァンクラインやポールスミスはテッパンでしょ。

 

スーツを来ているというより、スーツに「着られている」人の方が多かった 笑

 

そんな僕も当然のようにブランドスーツを買う。

そして初任給を見て気付く。

「幾ら他人よりは貰っているとは言え、買い続けられない…」

それでも、リボ払いにしたり、ボーナス一括払いなどをし、背伸びをしながら買う…

 

もう一度言います。

エリートは、「見栄の塊」の世界です。

 

途中から僕は、所ジョージの発言を聞いて、スーツの方向転換を行う。

 

「オシャレな人は高級な服よりも、自分にフィットする洋服を選ぶ人」

 

ふむふむ・・・なるほど。。

スーツは基本、型が決まっている。

一般的に多い体系に合わせて開発するのは当然。

大柄の僕は外国ブランドが実は合うが、それでもなかなかフィットするスーツに出会えない。

 

そこではまったのが、麻布テイラーというオーダーメイド屋。

高島屋や伊勢丹の百貨店のオーダーメイドと違って、洗練されたデザインで、かなり生地の質も安いものから用意されていてとてもお勧め。

 

今は毎日スーツを着る仕事スタイルではないが、やはり時には「ビシッ」と決めたくなってスーツを来たくなる時もあり、この前久しぶりに麻布テイラーで新調しようとした…が…

 

やめた!

なんかダセエ!

私服に慣れた僕はオーダーメイドのスーツのダサさにドン引きしてしまった。。

 

「どうしよう??」

 

そんな中、探して出会ったのが、HUGO BOSS!!

 

高い! 高い!!

だけど、何が良いって、ここのお勧めLINE(紺やグレーっすね)は、なんと上下、違うサイズを変えるというサービスがあるのを知る!

普通、定型スーツは上下、46・48・50・52…セットで決まっている。

僕はいつも大柄の「50」

だけど、僕は下半身デブだから50にしたけど、実際は、

上 ・・・ 48
下 ・・・ 50

これが理想だったりする。

そんな選択をできるなんて、、HUGO BOSS…

暫く、僕はここのスーツにはまりそうです

 

はーーーー稼がなきゃ…orz…

とこんな感じに幾らでもテーマを挙げられる。

 

■ 「2件目どうする? 高級クラブ?? いや、なんかそういう気分じゃないな…BARにしない?」

■「でも、本当にユニクロのパンツはフィットするな〜」

■「最近タクシー乗り過ぎだ。子供の教育上良く無いから電車とバスで移動しよう」

■「まとまって休めそうだから旅行行くか!」

■「5年も一緒にいてくれてありがとう。これプレゼント。」

 

・・・・・
・・・・・
・・・・・

 

人生生きて行く上で、色んな商品・サービスを購入したり、利用したりしなきゃならないことはたくさんある。

別に拘りが無ければ、考えないだろうが、僕はそういう消費活動や他人への見え方、モノへの拘りの無い人間が、凄くダサく見える。

 

高ければ良いもの・・・

安いのは悪いもの・・・

 

そんな浅はかな人間になっていたく無い。

金額設定は、あくまでも世の中の需要と供給のバランスが成り立って決められるもの。

そして面白いのは、ださくてセンスの無い奴らの「需要」でも金額が決まると言うことだ。

 

モノの価値を見極めるのは、当然失敗をしながら色んな「知らないを知る」経験をする事だと思う。

 

今の僕に取っては、ベンツに1,000万円は出す価値は無いと思うけど、Audiには1,000万円出したい。

アルマーニには20万円出せないけど、BOSSのスーツには15万出せる。

セイコーの時計30万円とかマジでエゲツ無い機能があるけど、僕は50万円のパネライを選ぶ。。。

 

そして今日は代官山でソファーを買ったけど、9万円。

一人暮らしだった時に100万のソファーとか買ったけど、

・・・なんでだろう。。。今なら思う。

 

一昨日は坂田さんのコンテンツモンスターという、まあ、この業界じゃない人は「なんじゃそれ?」と思う教材を甲斐経由で、25万払ったが、後悔なんて無い。

ワクワクしかない。

こういう消費の行動に僕は自信を持って「センス」があると言える。

 

ぶっちゃけ、一部上場企業の人でも、マジで坂田さんの教材とか目ん玉飛び出ると思う。

うまくそこの価値を見付けられれば、自分のビジネスに活かせるはずだ。

 

僕は皆に先頭切って「センスのある消費行動」をしたいと強く思う。

インフォだろうが、ブランドだろうが、良いものは良い。

エセはどの業界でもある。

アルマーニの時計とか買う奴の神経が分からん。

 

良い商品を選べるということは、自分がいい目を持っていること。

 

これに尽きる。

 

じゃあ、次は、、何を買おうかな〜 笑

年末は消費ですね!

ではでは

 

PS

おい!甲斐!!

コンテンツモンスター、12月19日まで配信ねえじゃねえか!!!

待てねーーーーーー!!!!!!!

ということで、明日、大阪に乗り込みます キリッ

 

 

KOI公式メールマガジン