2013年残り1ヶ月 全速力で駆け抜けてみせます。

 

12月に入りましたね。

2013年も残すところ後1ヶ月。

本当にあっと言う間です。

 

年を重ねるごとに「1年」という時の経つスピードが、肌感覚で早く感じられるもの、、というのは本当のような気がします。

 

2013年、僕は全速力で駆け抜けて来ました。

でも、まだまだ「渇き」は止まりません。

 

自分はまだまだ出来る。もっともっと色んなチャレンジをしたい、、

 

僕の第2の人生はまだ始まったばかりです。

 

僕のチャレンジで去っていたもの、そして成功の芽が出たら近づいて来るもの、信じて着いて来てくれるもの、全身全霊で引き上げてくれる人、全く学歴も経歴を交わる分けが無いのに、同じ方向に向いている仲間との出会い、

 

人間関係だけで見ても激動の1年になったことは間違い有りません。

 

自分を悲劇の主人公で見立てたり、世界の中心は自分中心に回っている、、そういう感覚は誰にでもあるものです。

 

きっとこの記事を読んでいる皆様も、それぞれ激しい・熱い・そして切ない、1年を過ごしたと思います。

 

僕は、占いや運命とかを信じる方ではありませんが、時々、節目節目で自分を見つめ直し、次の戦略を立てるのが大好きです。

 

今、ある原稿にチャレンジしているのですが、うまく行きません。

 

1年の節目、、というのもあって今日久しぶりに1時間、家の周りを走ってみました。(なんだそれ? 笑)

結構人気のマラソンコース=遊歩道があり、本当に久しぶりでしたが、、マジで、吐きそうになりました。。

運動不足、、酷い。。きっと明日は筋肉痛でしょう(笑)

 

なんとなく来年の戦略が見えました。

その礎的になるよう、今夜また今の原稿を書いてみようと思います。

 

僕はこのインターネットメディアビジネス業界の活動を、大きく「人」ありきの戦略ですが、2方向立てました。

先週の金曜日に、同じコミュニティで頑張っている仲間との駄話しの延長から、ぼんやり見えて、そして今日無心で走りながら考えて見えたものです。

 

<1方向目 : 稼げる教材の提案・開発 とその購入者に対しての徹底フォロー>

 

自分の考え・思考に共感・共鳴してくれた人に対して、徹底的に成功してもらう。

ここで言う成功とは、この業界で「稼いでもらう。」ことです。

 

色んな方とSkypeやチャットワークなどで繋がってみて思ったのですが、まず僕の日々の情報発信で共感してくれている人はやはり、意識が高い。

特に「現状打破」の意識がハンパない。

 

自分はこんなもんじゃない・・

自分はもっとできる・・

だけどキッカケが分らない・・

 

そういう方が自然と集まって来ます。

言い方悪く言えば、「楽して」とか「簡単に稼がして」という人は皆無です。

とは言え、やはり「個人で稼ぐ」ことは本当に難しいと思います。

 

最初の壁、10万・100万を突破するために必要なもの、、

それは「テクニック」と「マインド」です。

自己分析やコア探しはその後。

 

僕のクライアント様である、飲食店業務様、獣医様、不動産、テレビ業界、学生、、

正直共通点は見出せません。

 

唯一の共通点、それは「インターネットというメディアを使って成功したい」ということだけです。

 

だったらそれをとことん、追求する。

申し訳ないですが、料理の技術・動物の治療・不動産投資、、当然僕には教えられません。

 

だけど、インターネットというメディアで活躍する方法なら、今らな教えられる。

 

最終的には、「現状打破」するのは自分自身。

 

だけどフォローはできる。

 

今以上に徹底します。

 

========================

このチャットワーク、コンサルレベルですね。

普通の特典ではありえないと思います。

本当にそう思います。

========================

 

こういう言葉をもっともらうように今以上に全力で頑張ります。

 

 

<2方向目 : もっともっとネット上で存在感を上げる>

 

僕をもっと知ってもらう。

そのために何ができるか?

知った上で、

「こいつは違うな、、、」と思われてもいい。

でも知られない事には始まらない。

 

別に有名人になりたい訳じゃありません。

 

サラリーマン・副業の人口増加は間違いなく加速するのは周知の事実です。

この前の日経ビジネスを読んで愕然としました。

株価は一応上がっているし、企業の売上げも上がって来ている中、給料が上がっている企業がわずか、たったの「4%」

 

儲けた金はどこに行っているのか?

 

「株主への還元」と「設備投資」です。

 

社員の生活なんて何も考えていません。

 

所詮そんなもんなんです。

企業の考え方は。

 

当然ですよね。

企業の存在理由は儲けること、金を生み出すことですから。

 

「社員の生活を守ること」という義務はありません。

 

だからそこでの成功は徹底して「出世」することしか道がありません。

 

皆、気付かないフリをしていますが分っています。

だけど何も言えない。

 

本当に見てて、酷いと思います。

去年までいたからこそ、尚更そう思います。

 

35歳を超えると特に何も言えなくなります。

人生に選択肢が年を取る毎になくなります。

 

だけど、僕は今すぐ会社を辞めろ!というのも違うと思うんです。

家族がいる人、養育費はどうするのでしょうか?

毎月安定して入って来る給料が無くなったら?? 考えただけで地獄ですよね。

そしていざ辞めても、何をしたらいいか分らない・・・

そういう人が大半だと思います。

 

現に僕のクライアントさんの中で、超ー優秀な人がいて、今のコミュニティの中でも圧倒的な作業量とスピードで成長しております。

だけど彼は、一流企業をある自己啓発セミナー後、勢いで辞めており、僕と出会う迄、死にそうな生活をしておりました。

今、やっと未来が見えて来てまたやる気が起きております。

 

世の中、すべては自己責任です。

 

「高額塾に騙された」

「高い教材を買ったけど結果でない」

「会社辞めろ!と言われたから辞めたけど、生活出来ない!」

 

すべて選んで行動したのは自分。

自分の責任なんです。

 

その状況を突破するのは、「自分」の努力以外無いのは事実です。

 

それは分ります。

だけど教育者として簡単に「辞めろ!」というのはあまりにも酷いと思うんです。

僕は煽ったからには責任を取るべきだと思います。

 

それは、この業界でも最初に教わったこと。

 

「この商品は煽ってでも買わせるべき。

そして徹底してフォローすれば、稼げるようになって結果感謝される」

 

僕はこの指導でセールスマインドがリセットされましたが、これはあくまでもその後の「徹底フォロー」がセットであることで、初めて「煽る」という行為が出来ると思っております。

 

そういうスタンスでこれからも活動して行きます。

 

そういう世の中の流れを見ても、副業から始めるのは「普通」だと思うんです。

現に金曜日の会食メンバーの中の一人は、ちゃんと副業で100万稼ぎ、そしてステップを踏んで会社を辞めます。それも一流企業を。

 

こういう人がこれから続出することは間違い無いです。

個人の幸せを追求したら、自然とそうなる流れだと思うんです。

 

僕はたまたま、先にそれを経験させて頂きました。

 

本当によかったと思います。

 

だからそれを伝える。多くの人に伝える。

 

その意識はここ数週間尚更加速しました。

 

僕にしかできないこと。

そして僕にしか伝えられないこと。

 

「本物」の情報発信をし続けます。

 

 

KOI公式メールマガジン