生まれてきた意味・生きている意味

 

 

皆様、突然ですが、こんなこと考えたことありますか?

「なんで生きているんだろう?」
「なんで生まれてきたんだろう?」
「なんで生かされているんだろう?」

って。

……怪しいテーマっすね~笑

ぶっちゃけ僕は2012年8月24日まで、こんなこと考えたこともなかったっす。

物心付いたときは韓国でなんか虐められ、親の顔なんて覚えてないし、

そして気付いたら日本に来て、幼稚園に通い出す。
年長からの編入だから、これまたなんか虐められ。

そこで初めて人と殴り合いの喧嘩をしたような……

早く言えば、親の言いなり。

中学受験だって良くわからず勉強。

塾の先生から開成か駒場東邦を受けろと言われたが、親が勝手に慶應に決めたし、

本当はサッカーか野球をしたかったけど、お金がかかるという理由で市の運営しているラグビー部へ。

そこからはもっと親の奴隷だったかなー

「優秀な学生を演じる」

就職もここだけの話、、

僕、東京三菱銀行に行きたかったんです。

ちょうど1999年頃って銀行の評判が最悪で、だからこそ天邪鬼の僕は銀行志望で動くも、

親から

「絶対に銀行だけはダメ!」

(中小企業は銀行に対してイメージが大きく分かれる)

と言われ、、、

別にそこまでの拘りもなかったから余裕でやめたけどw

じゃあなんで経済学部に親は拘ったんだろう?とか思ったけど。

なんだろう??

今思うと、

とにかく人(親)に用意された 道を一生懸命歩いていた、、

というのが2012年8月24日迄の僕の35年間の雑感です。

でも例の独立事件が起きて僕の世界は一変します。

「誰も何も用意してくれない」
「道が見えない」

初めて自分で人生を決めることを味わった。

就職してもいいし、
起業してもいいし、

もっと言うと

「死んでもいい」

誰も何も言わない。

家族には迷惑をかけるけど、、

ま、、保険金でなんとかなるかな?とか、まだ35歳だし未亡人でも妻は誰かと結婚するのかな~?とか。

……追い詰められてたな・・・俺。。。

その時期に冒頭のこれっす。

「なんで生きているんだろう?」
「なんで生まれてきたんだろう?」
「なんで生かされているんだろう?」

初めて考えました。

未来へ子孫を残すためとかどうでもいいと思った。

いくら考えても答えが出ないので、勝手に自分で生きて行く理由を決めた。

それがこれになります。

「幸せになるため」
「楽しむため」

そう思いませんか?

だって、、

いずれ誰もが死ぬ。

だったら生きている時くらい

「幸せ」であり「楽しむ」

そう誓いました。

「これからぜってえにもっと幸せになってやる」と。

そう思ったらなんか逆に気分はすっきりしたことを覚えております。

ただ幸せになり人生を楽しむために、僕らに立ちふさがる最大の2人の敵に付いて向き合わなきゃいけない。

その敵とは、

「お金」
「人間関係」

この2つになります。

残念ながらお金がある程度ないと生きていけないのが今の世の中。

今まで、、特にサラリーマン最後の方は、自分とウマが合う人を探す方が大変だった。

真っ先に行ったのは

「人間関係断捨離」

過去の人間関係をすべて清算する。

これは大成功。

この

「嫌な奴と付き合わない」

と決めた後、僕の人生は明らかに好転してきた。

だから今でも1年に1回くらいのペースで、人間関係断捨離を行います。

つい先日も行いましたしBECが終わった今月以降、、

付き合い続ける人、関係が終わる人が出てくるからタイミング的にはちょうどいい。

高いお金を頂くから指導させてもらいますが、やはり相性が合わない人は出てくる。

それを「お金」だけで付き合っていくと、ロクでもないことになることを僕は肌身で感じている。

そしてその「お金」の問題。

これは至ってシンプルでした。

稼ぎ方は二の次で

「稼ぐことに拘る」

当たり前ですがこの思考を徹底させたことで、明るい人生が切り開かれたと思っております。

僕はサラリーマン時代は組織の一員とはいえ、比較的大きな世の中にインパクトを与える仕事ばかりしてたから、

なんていうかこの業界でinfoをバカにして、すぐにB to B とほざき、「稼ぎ方」だけに拘り

どんどんお金がなくなっていなくなる人を見る度に

「可哀想に・・・」と強く思う節があります。

それこそ本末転倒。
稼ぎたくてこの業界に来たのに何に縛られているのか?と。

そしてこれも気付きました。

「今の時代、こんなに個人で稼ぐ方法があるんだー」と。

正直驚いたし、サラリーマン時代には信じられなかった。

副業といえば、株式か不動産投資くらいしか知らなかったですから。

ブログ
Youtube
Facebook
メルマガ
Twitter

すべて独立してからやり始めましたが、まさかこんな個人メディアがお金を生むなんて、、

夢にも思わなかった。

と、情報発信の話は今日は無しにして・・・

なんか今日ふとこのテーマを書きたくて。

今日の

「なんで生きているのか?」

というテーマは前から発信したくて、実は過去数回チャレンジしているのですが、、

お蔵入り原稿ばかり。

テーマが深いのでどうしても暗い文章になっちゃったんですよね~

だから敢えて今日は

「明るめ」に、そして少しだけ

「バカっぽく」書いてみました。

トーン&マナーの調節って奴になります。

※ トーン&マナー 調節とは?

・下らないテーマを真剣な文面で書く。
・重いテーマを軽く書く。

そうすることでお客様に、絶妙な違和感と共にお届けする手法になります。

「なんで生きているんだろう?」
「なんで生まれてきたんだろう?」
「なんで生かされているんだろう?」

あなたの人生は親のモノではありません。
当然嫌な上司やクライアントのモノでもない。

家族の為でもない。

自分の人生の為に家族があるんだ。

たまにこういうテーマを考えてみてもいいと思います。

色々スッキリしてシンプルになると思います。

僕もこれからも

「幸せになる為」
「楽しむ為」

に、ネットビジネスをとことん利用してやろうと思います 笑

ではでは

 

 

 

KOI公式メールマガジン