TVとネットの融合ってなによ?

 

またまた素敵なショートムービーを観ました。

 

 

多分子を持つ母親が観たら共感しまくって号泣する。

 

テレビやCMが余り好きじゃない僕の妻も、さすがに感じるものがあったみたいでじっと観てた。

 

これまた王様のブランチで特集してたのですが、最近はWEBショートムービーがまた流行っている模様。

 

やっぱ、長尺のCMは素敵です。

 

ハズキルーペの流れかしら?

 

僕が広告代理店に入った1999年~2000年前半頃、BMWが映画並みにお金を投資してWEB限定のショートムービーを作って話題を呼んだ。

 

これからはネットだ!!

 

という走りを感じた。

 

その流れに多くの企業が乗った

やはりテレビとWEBの壁は厚かった。

 

多くの企業はTVCMで伝えられる情報量には限界があるので、情報量の上限がない自社のホームページになんとかして誘導させたくて試行錯誤を始める。

 

ほとんどのTVCMで

 

「詳しくはWEBで」

 

と、最後の数秒で誘導するようなメッセージを流すも、いちいちテレビから離れてWEBを観る人なんて皆無だった。

 

また、TVCM15秒で探偵企画的なものをやり、犯人を知りたい人はWEBで!

 

と、いう仕掛けすらも人は動かなかった。

 

そのくらいTVからネットへの人の移動は難しい。

 

Yahoo!のバナーとかで誘導しても意味がない。

 

ネットユーザーじゃないテレビユーザーをネットに誘導させる!

 

そこを無理だと感じず、普通に可能性を感じて企画開発するも

 

すべて失敗に終わる。

 

 

なので、いつのまにか多くの老舗広告主は

 

「ネットはまだ早い」

 

と、解釈しネット上でのビジネスチャンスを逃していくことになる。

 

 

・・・まあ、僕も実際に企画をしてたので分かるけど

 

「TVとネットの融合」

 

なんて、偉そうに専門家が当時こぞって発表してたが

 

「じゃあ、それってどうすんの?」
「どうやって融合させるの?」

 

という答えは誰も教えてくれなかった。

 

これが俗に言う

 

「机上の空論」

 

ワンセグが出た時こそ、

 

「今度こそTVとネットの融合!」

 

と言ってたが、結局は同じだった。

 

 

最近はこう想う。昔の自分に言ってやりたい。

 

 

「TVとネットの融合なんて無理」

 

広告戦略において

 

「TV」と「ネット」は別物。

 

戦い方が全然違うし、重要なのは

 

「TVで戦うか?」
「ネットで戦うか?」

 

最初に決めることだ。

 

 

耳障りのいい、でも結局中身を何も言ってない

 

「TVとネットの融合」

 

なんて、まやかしであることに広告主は早く気付くべきだったように想う。

 

 

話は戻して

 

 

このムービーが素晴らしいのは

 

・タレントを使ってない

 

・今流行りのCGや合成を一切使ってない

 

完全にドキュメンタリー的なCMです。

 

 

だから、

 

 

「尺」

 

 

が、必要。

 

 

難しいところです。

 

 

TVCMの15秒でインパクトを残すには、どうしても記号性が強い

 

・タレント
・音楽

 

が重要になってくる。

 

 

だけど、個人的にはテレビ局も老舗企業もマジでいい加減15秒CMをヤメルことを真剣に考えた方がいいのではなかろうか?

 

やるのだとしたら、メルカリとかの新興企業のみ。

 

今さら、認知度99%のトヨタや資生堂のCMを観ても何も感じない。

 

10年に一度生まれるか生まれないかの画期的な商品広告なら別だけど

 

微妙なアップデートの商品広告の存在に、マジで意義を見出せないと思ってしまう。

 

大手広告代理店にいい加減、騙されているのに気づかないのかな?

 

 

いや、気付いているんだと想う。

 

彼らはバカじゃない。

 

どちらかというと優秀な部類に入ると当時僕は感じていた。

 

だけど、気付いたところで他のアイディア企画が思い付かないだけのような気がする。

 

だから、結局同じような戦略を。

 

 

ヤバいヤバい マジで気付いた時には手遅れになるのでは?

 

 

・・・と、誰目線で誰の為には発信しているのか意味不明ですが

 

単純にこの素敵なショートムービーを観て思ってしまったことです。

 

 

そして、これも思った。。

 

 

優秀なクリエイターはこういう作品で活躍して欲しい。

 

 

有名な企業だけの仕事じゃなく、

 

下町ロケットじゃないけど、

 

全然世に知られてないけど素晴らしい企業はたくさんある。

 

そういったところでTVCMみたいにバカみたいに金かけなくても、こういうショートムービーなら払える企業はたくさんある。

 

そうやって僕らの知らない企業を、ショートムービーを通じて世に出して行く仕事を

 

もっともっと優秀なクリエイターにやってもらいたい、、

 

 

オリンピックの映像とかはチャラい芸能人かぶれのクリエイターに任せて。

 

 

僕はそっちの方が、クリエイターが日本の未来を変えるような気がします。

 

 

なんか、今日は久しぶりにいい作品に出会ったので、僕の中にある小さなクリエイティブ魂に火がついてしまいました。

 

 

うん。

 

クリエイティブな仕事は大好きだ。

 

 

ではでは

 

KOI公式メールマガジン