あなたは、どのタイプ???

「指導者」としてステージを上げたい僕として今、最も関心があるのは

「人、それぞれ跳ねる環境は違う」ということだったりします。

 

どういうことか?

 

今日はそんな話を。

 

 

なんだかんだ色んな指導法を試しましたが、厳密にはキチッと分類できませんが指導のスタイルは3つあると思います。

 

 

そして、その「3つ」の中で、その人に相応しいものは必ずある。

3つ全部当てはまる人もいるのでそれも面白い。

 

 

その3つとは

 

 

1.環境重視タイプ

 

今、流行りのサロン・コミュニティ系ですねー。

 

同じ思考やセンスの仲間と切磋琢磨し、情報交換してお互い成長しあえる環境を提供。

今、稼ぐ系市場の90%はこのタイプ。

 

 

オススメなのは

「サラリーマン+副業」の人です。

 

 

「副業解禁」の流れのようにみえて、なんだかんだ今でも会社で「副業」の話ができない。

そんな話をしたらチクられメンドくさいことにもなる。

 

ただ、雇われ思考の人ばかりと過ごしていても、副業で大きく跳ねることは難しい。

 

だから仕事終わりのチャットワークグループでの会話だったり、週末の勉強会で同じような思考の人と触れることで

「起業家思考」も身に付き、変われる人が続出。

 

 

ただし、そういう「場」に馴染めない人。

なかなか積極的に参加するのが苦手な人は、はっきり言って時間の無駄でもあったりする。

 

自分のスキルを身に付ける前に、環境に馴染むというメンドくさい作業が待っている。

 

 

ちなみに、僕自身はこの環境重視タイプ。

環境に馴染むのなんて余裕。

 

だから最初はこの指導しかしなかったし、積極的に参加しない人のことを理解できなかった。

 

 

だけど、それは僕の価値観であって、全員が全員、自分と同じようにできないことが分かったことで、、

 

2つ目の指導法に入る。

 

 

2.ガッツリ マンツーマン指導

 

英会話スクールでいうと、グループレッスンじゃなくてマンツーマン指導法ですね。

 

 

だいたい金額設定として

 

グループレッスン < マンツーマン

 

で、あることが大半ですが高いお金を払ってでもマンツーマンを受ける人は多い。

 

 

特にシャイな日本人に多いようだ。

当然僕は、グループレッスン主体だった 笑

 

 

BreakThrough Projectは、それを試みたがMR.Kとかは、正にこのタイプ。

彼は1タイプ目の環境重視のサービスじゃ絶対に跳ねない。

 

 

このタイプは、なんつうかなー

 

「野心家」向きかなw

 

 

仲間と和気藹々する時間があったら

 

「もっともっと自己成長を」

「三浦さんの話だけ聞かせてくれ」

 

という人が多い。

 

既に個人起業家として活動している人はこっちの方が早いような気がする。

 

 

そして、最後の3つ目

 

 

3.マイペースタイプ

 

自分でスケジュールも目標設定も管理できるタイプが多く、決められた日の勉強会、zoomコンサルとか嫌がる傾向がある。

 

このタイプは少し特殊で別に好きでマイペースタイプになっている訳じゃない人も多い。

 

 

つまり、

 

・忙しい主婦
・地方組

 

が、これに当てはまります。

 

 

こういう人にはしっかりと

「コンテンツ」を提供することが大事。

 

今のところ自分で開発したBEC on-line schoolはかなりいい線行っていると思う。

 

 

この指導を出来る人はかなり少ない。

なぜならば、ノリと勢いで誤魔化せないから。

 

 

グループチャット、LINEグループ指導は、なんだかんだ「ノリと勢い」で誤魔化せる。

 

結局、サービス終了後何も成長してないのに

 

「楽しかったから、いっかー」

 

という気持ちが残れば御の字の1タイプみたいなことは起きない。

 

 

ここのサービスの開発は、関口さんと坂田さんをモデリングさせてもらった。

 

 

こんな感じの3タイプです。

 

 

人それぞれ目標や達成したいことは違います。

 

 

ただ単に会社以外の人と知り合いになりたかったら、タイプ1が最高のサービスでしょう。

 

もし、誰かしらの発信が気になって

 

「この人から指導を受けたい」

 

と思ったら、2のサービス以外を受けても、はっきり言って投資に見合った価値提供は無理だと考えた方がいい。

 

 

そして、毎月の勉強会や人とのコミュニケーションが無理だと思ったら、3で自分なりに頑張るのが理想。

 

 

色んなサービスがありますが

 

・自分は何に向いているのか?

 

を、なんとなく考えながら、そのサービスの内容を吟味した上で、参加するしないを決めるべきだと思います。

 

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

 

指導者としてのレベルアップを目指す三浦でした……

 

 

ではではw

 

 

PS

 

 

そんな新元号は「令和」ですねー

 

 

うん。最初は馴染みなんてある訳ない。

 

きっとシックリくる日が来るでしょうー。

 

 

 

KOI公式メールマガジン