「今は良いと思うけど将来はどう考えてるの?」

この質問、僕の周りにいるエリートサラリーマンが最も僕にしてくる質問です。

 

ありがたいことに、いつも僕の将来を心配してくれますw

 

 

知らんがな いい迷惑です。

 

 

こんばんは、三浦です。

 

昨日のメルマガでも触れましたが、昨日大学の友人に会ってきましたー

 

15時~19時まで 僕の思い出の街の1つ@田町で。

 

その間彼は

 

・ハイボール12杯

・赤ワイン5杯

 

飲んでおりましたw

 

さすがに僕も少しは飲んだけど、その後、また別の人と会う予定があったので軽めに。

 

 

彼はある製薬会社のサラリーマン。

 

大手銀行に就職するも3年目で精神が崩壊しそうになり

なんとか転職活動を行いベンチャー企業へ。

 

だけど、信じられないくらいブラック+低賃金でバイトをすることもあった。

 

それでも諦めず再び転職活動を行い今の安定的な会社に至ります。。

 

製薬会社ということで得意先は当然病院+医者なので地方勤務もガンガンあり、

なかなか東京に帰れず、福島⇒岡山⇒島根と17年くらい働いております。

 

岡山で出会った今の奥さんと結婚して岡山に一軒家を買いました。

 

子供も3人おり、家庭を大事にする素敵な男です。

 

(周りの目を気にせず、夜の営みの話をデカイ声で昼間から話された時は恥ずかしくて逃げ出したくなった…)

 

昨日・一昨日と実家の方で用事があったらしく有給で東京へ。

 

彼はいつも島根との往復を夜行バスで行き来する強者です。

 

夜の20時に出発して次の日の朝の7時に着くらしい。

 

 

・・・恐ろしい。。。

 

最初は辛かったらしいが、慣れたら快適だそうです。

 

運賃は、1万円もいかない。

 

 

すげえわ。。

 

そんな彼が夜行バスまで時間があるということで

 

「三浦、時間ある?」

 

と、先週お誘いが。

 

まあ、彼の周りで連休明けのそんな時間に調整できるのは俺くらいでしょうw

 

 

折角の機会なので、2年半ぶりに会ってきました。

 

 

結論から言うと、マジで会って良かったっす。

 

また戦略が見えた。

 

本当にこういう人こそが僕のターゲットなんだ~って。

 

 

別に僕が暇そうに見えただけじゃなく(だけど絶対にそれはあるw)

やはり彼も絶賛副業模索中。

 

株式投資は前からやってたらしく、今回のコロナの件で持ってた株の価値が暴落して尚更焦っていた。

 

当然、与沢さんのことも小玉さんのこともチェック。

 

その他も色々調べまくっていた。

 

ただ、やはり会社は完全副業禁止。

 

やれることが限られているのは可哀想だけど、なんつうか、リサーチ期間が長い気がして

やるならとっととやれや とも思った。

 

友達だから余り強くは言わないけどw

 

 

そんな彼からも言われたセリフが表題。

 

ーーーーー

 

今は良いと思うけど将来はどう考えてるの?

 

ーーーーー

 

 

もう何人目かな~? この質問をされたのは??

 

この質問をしてくる人の共通点は、

 

 

・エリートサラリーマン

・プライドが高い

・会社の評価は高くない

・何かしたいがネットビジネスは怪しいと思っている

 

 

そして何よりも

 

・自分が一番将来を不安がっている

 

というものだったりする。

 

 

1人目・2人目の時はテキトウに交わしてたけど

3人目くらいから僕の中でこの質問に対してのマニュアルは決まった。

 

・未来なんて知らない

・この先何をやっているか分からない

・毎年毎年ベストを尽くすだけ

・安定なんて俺らの世界にはない

 

ここら辺を順番を変えて話すだけです。

 

だけど、かなり本音でもあります。

 

 

将来なんて誰も分からない。

 

 

極論を言えば、コロナのこの状況を誰が予想した?

 

これがなければ倒産しなくてもよかった飲食店なんてたくさんある。

 

先の見えない未来に不安がっているなら

「今」を全力で生きるしかない。

 

それ以外、不安を解消する術なんてない。

 

 

そんな彼ですが、彼の頭には「資格」が大事らしい。

 

(やはりエリートのこの化石思考はなかなか抜け出せない…)

 

中小企業診断士の一次試験には受かったが、二次試験は5点足らずで受からず。

 

僕も知らなかったが、中小企業診断士の二次は

2回目落ちたら、また一次試験からやり直しらしい。

 

それに躊躇してたし、

 

「社労士に変えようかな・・・」とも言っていた。

 

「またこれから1,000時間か……」

 

 

ん? 1,000時間?? なんだそれ?

 

と、聞いたところ社労士の資格を取るための目安勉強時間らしい。

 

 

・・・アホくさ。

 

資格獲得のための塾がこういうランキングを出すからこういう人が続出する。

 

資格難易度ランキング!勉強時間&合格率から考察する! 

 

 

だから1つだけ僕から質問を。

 

「中小企業診断士・社労士取った後、何すんの?」

 

それに対しては、

 

「いや特に決まってないけど

 持っておけば幾つか仕事は来ると思うから

 それで安定収入を」

 

 

・・・おいおい、、甘いよ。。

 

俺のお客さんの中には、

 

・医者

・公認会計士

・税理士

・簿記検定2球

・社労士

・司法書士 etc

 

たくさんいる。

 

だけど、皆んな仕事がなくて困っている。

 

 

資格を取れば安心だ、、なんつう時代はとっくに終わっているのだ。

 

資格ビジネスは、需要 < 供給  がある時から逆転した。

 

歯医者なんてコンビニよりもあったりする。

 

医者だって、親が開業医じゃなかったら

お金に関しては悩みが尽きない。

 

 

別に僕は資格を否定しない。

 

当然、その資格がなきゃできない仕事もあるでしょう。

 

また特に若い時に、将来何をしたいか分からない時とかに挑戦するのはあり。

 

何かにのめり込み、それを達成したことで自信が生まれる。

 

 

今となっては、TOEIC260点から1年間で850点まで持って行ったのは自信になっている。

 

・・・今の仕事で英語、全く使ってないけどw

 

 

でも、今、僕がTOEIC 260点でも絶対にチャレンジしない。

 

まだ20代だったし、サラリーマンだったからチャレンジできた。

 

 

でも、彼も俺もいい加減もう良い歳だ。

 

しかも彼の目的は「お金」のはず。

 

そこから目を背けているような気がする。

 

 

「せどりとか

 簡単に出来そうだなー」

 

と言っているなら、やればいい。

 

やって稼げばいい。

 

 

多分、こういうエリートサラリーマンはたくさんいるでしょう。

 

きっと、彼は社労士がダメならグロービスとかに行くんじゃね?w

 

 

音楽ビジネスをうまく大きくした

僕のセミナーにもよくきてくれる富吉くん。

 

彼と飲んだ時、

 

「僕は三浦さんの考えとは真逆です。

 

 稼げばなんでもいいってもんじゃない。

 

 やはり、やりたいことが先だ」

 

と言われ、おっしゃる通りと答えた。

 

 

正しい。

 

やりたいことがあれば、全力でそれをやればいい。

 

 

だけど、大半の人間はその

 

「やりたいこと」がないのだ。

 

 

ただただ、もっと金を稼ぎたいだけなんだ。

 

 

だったら手段なんて選んでいる場合じゃない。

 

 

僕の周りで優秀だと思う人間は、最初からこれをやりたい!なんて思っていない。

 

「稼げそうだ」という理由から始まり一生懸命やっていく内にそれを好きになったり、違う何かを見つけたりする。

 

ここで重要なのは目の前のことで成果が出ないからと言って

他のジャンルに行くのは危険だというこは忘れちゃいけない。

 

ただのノウハウコレクターになってしまうから。

 

ある程度目の前のやるべきことに成果が出れば勝手に次の道は拓かれる。

 

 

なんかのきっかけで

 

・投資

・Facebook広告集客ビジネス

・YouTube

・ブログ

・note

・物販

・コンサル etc

 

もうなんでも良いけど、流れで塾に入ったとしても

そこで成果を出せばいいだけだ。

 

「これは違うかな?

 他のあっちが気になる~」

 

なんていう時間は勿体ないって。

 

 

彼らに一番足りないもの。

 

それは、

 

「個人の力だけでお金を稼ぐスキル」だということにいい加減気付いた方がいい。

 

いつまで大学の授業の延長をやっているのか?

 

 

それよりも、やるべきことはたくさんある。

 

ですが、やはり友達は友達。

 

 

頑張って欲しいところです。

 

 

ではでは

KOI公式メールマガジン