「パイの奪い合い」でなく「新規開拓」

 

昨日のメルマガの反響が凄くて、、とてもうれしいです。

やはり人は新しいチャレンジをする人を応援したくなるんだな〜と、ふと思ってしまいました。

 

そういう人達の為にも僕は必ず分かりやすい成功をして、1つの皆様の人生の道標、選択肢を示せれば、、それが今の原動力になっています。

引き続き応援、宜しくお願い致します。

 

そのメルマガの最後に、「今僕がこの業界で一番やりたいこと」と締めさせて頂きました。

 

今日はそれについてです。

 

多分、僕くの情報発信のファンの方は、

 

「三浦さん、、どうせYoutubeでの新しい稼ぎ方という教材かなんか出すんでしょ?」

 

と思われる方が大半だと思います。

実はそれは半分は正解ですが、半分はまた違ったところにあります。

絶対、Youtube教材はつくりたいとは思っておりますが、それ以上に僕にはこの業界に対して今強い「想い」があります。

 

その想いとは、、

タイトルの通りです。

 

「パイの奪い合い」でなく「新規開拓」を。です。

 

どういうことか?

 

「パイの奪い合い」とは、限られた市場で限られた利益や売り上げを同業者どうしで奪い合うこと。

2013年からこの業界を学び初めて、最近つくづく思うのは、皆パイの奪い合いゲームをしているようにしか見えないんです。

 

教材マニア、情弱、、と言われている情報弱者。

なかなか結果を出せない人に、あの手この手で新しい教材を買ってもらう。

前回の教材よりもこっちの方がいいですよ〜とセールス。

 

そんな情報が氾濫しているから、これも買わなきゃ、あれも買わなきゃ、、やはり塾に通わなきゃ、、そしてお金が底をつくと、この業界から引退。。

 

今この業界はとても成長市場なので毎日、参入者は出て来る。

僕が2013年7月から参入したとして、それから4ヶ月。

何万、何十万の人が参入しているのでしょうか?

 

以前は、この業界、アングラ=アンダーグランドと呼ばれており、少し怪しい業界だったから、ネットで自分で情報を探して隠れて、コソコソ稼いでいるような業界でした。

それが今やアングラな世界じゃなくなりました。

もっともっとメジャーな業界になっていくのは明らかです。

 

なぜそうなったのか??

 

ネオヒルズ族と呼ばれている人がたくさんメディアに露出して、人気が出たからなのか??

ま、それは理由の1つに挙げられるとは思いますが、僕はそれよりも「小玉歩」の出現が一番の要因だと思います。

 

彼が出現するまで、アングラ感を強くしていた理由として、

 

「借金1,000万の男が人生一発逆転!」

「もと暴走族のヤンキーでも成功する業界!」

「もとニートが1ヶ月で200万稼いだ方法」

 

という謳い文句が凄かった。。

そういう言葉を見た人が、「俺でも成功出来るかも?」と思い、参入。

どんどん怪しさが増していく。

 

そんな中、小玉歩は違いました。

一流大学 → 一流企業 という肩書き。

普通だったら彼みたいなエリートはこの業界で稼ぐなんて有り得なかった。

だけど、彼はサラリーマン時代「副業」して1億を稼ぎだす。

そしてそれがバレてクビ。

泣く泣く、、という表現が正しいかどうか分かりませんが、彼は自分で望まなくして、この業界メインでやらざる得なくなった。

 

彼は色んなところで言ってます。

キャノンの給料とは別に、副業で1億稼いでいるにも関わらず、「会社は辞めたくなかった。。」と。

1億稼いでいても、やはり大企業の安泰を捨てることはとても怖いのです。

 

だけど彼は起業後、活躍の場を広げ、あのベストセラー「クビでも年収1億円」を発売します。

 

これが凄くこの業界を変えた。

 

エリートサラリーマンでも活躍している市場。

さらに、アベノミクス前だったから、景気は最悪、、いつ会社にクビになってもおかしくない、、そういう人が増えて、副業人口急増。

 

その中には、医者や弁護士、税理士、、、そういう肩書きもいます。

メインでやることは怖いけど、副業で「10万稼ぐ」、、サラリーマンには滅茶苦茶魅力的です。

 

よく色んな人に、

「三浦さん、、年収1,000万凄いですね〜」と前職時代言われておりましたが、年収1,000万=成功の1つの目安、、と思われがちですが、年収1,000万の生活って??

 

お伝えします。

エリートサラリーマン年収1,000万というのははっきり言って地獄です。

結婚して、都内にマンション買って、子供が1人生まれて、、そうなると多分小遣い、2万円。

 

これマジです。

 

実際に1,000万稼いだら十分なのですが、エリートサラリーマンの年収1,000万ってちょっと意味合いが違うんです。

エリートサラリーマンという肩書きが邪魔しているからなのか、なんとなく軽自動車やプリウスは乗れない、時計も最低でもオメガ、スーツもスーツカンパニー・AOKIじゃ買えない、、エリートサラリーマンを演じる為に、投資する無駄な金が多いのです。

 

多分それはこれからも変わらないでしょう。

 

そんなサラリーマンが給料以外で稼ぐ方法は???

土日にバイト???

仕事後にバイト???

 

出来ませんよね。

だから小玉歩が最初やってたように、仕事後帰って家でパソコンで、副業するという方法が今考えられるベストな給料以外での稼ぎ方です。

前職時代の友人に聞いたのですが、また給料カットのようです。

5%ですけど。

でも、ジワジワカットさせられているのに、皆気付き始めてそして今、焦りだしています。

 

どんどんこの業界は広がって行きます。

 

そして今、サラリーマンで副業したい人がネットで調べるとします。

 

「なんか金ないな〜なんかいい副業無いかな〜?」と思って、「サラリーマン」「副業」と検索したとします、、、

 

何が起きるか、、、、、

 

小玉歩の副業でのお金の稼ぎ方ブログが1番上、もしくは2番目に上がって来ます。

それをクリックして、

「なるほど、、これだったら仕事を辞めずに副業で出来るかも?」

もうアングラな業界じゃありません。

メジャーな業界になっているのです。

 

僕も小玉歩氏と似たような経歴、、、

今、何かしら教えを頂いている環境。。

 

これの意味は??

 

僕の前職時代の会社は本当に優秀な人が多かった。

でも、出世できる人間は限られている。

ぶっちゃけ、サラリーマンなんて偉くならないと意味ないですから。

 

その環境を変えたい、自分はもっとできることがある!こんな生活嫌だ!!と思っている人間はたくさんいます。

そういった人達に、上司の機嫌だけを考える人間に成り下がるのではなく、こういう成功方法もあるんだ、、と気付かせてあげて同じような同志を集め、また新しいビジネスを立ち上げられたら、、と思います。

 

Facebookが好きだ、Twitterで毎日色んなことを呟くのが好きだ、なんか趣味の映画をブログで更新することが好きだ、Youtubeを観るのが好きだ、、

 

何かしらインターネットが繋がっているインフラに触れている人、全てがインターネットで稼げる資格者です。

 

「1,000万の借金を一発逆転」

「毎日30分の単純作業で月100万」

 

こういった謳い文句は減っていくでしょう。

そして、、

 

「サラリーマンで副業」
「趣味を稼ぎに」
「メディア好きな人集まれ」
「あなたの動画がテレビで特集」

 

そういった言葉がたくさん出てくるような気がします。

 

気がします、、ではなく自分から仕掛けていくので、お楽しみに!

 

以上です。

 

久しぶりにマジで長くなりました・・・。。。

正直思いのすべてを伝えられては無いので、また忘れた頃にこのテーマは発信します!

 

 

KOI公式メールマガジン