たまには「相手都合」でも、いいんじゃない?

 

昨日「イレギュラー」にハシャギ飲みをしちゃいました。

 

・・・って、いつもお前は飲んでばかりじゃん?

と思われていると思いますが…

Facebookで繋がっておられる方は特にそう思われていると思います 笑

 

僕にとって、個人のブランディングの観点で最強のMEDIA=Facebookの攻略のキーは、

 

「非日常」

 

だと思っております。

いつもの普通の生活を載せても意味が無い。

 

・海外に行った
・有り得ない料理に出会った
・珍しい看板を見付けた
・久しぶりの仲間と再会!
・出張で◯◯県へ!
・仲間と打ち上げ  etc

 

・・・まあ、人それぞれですが、いつもよりちょっとでも、

「非日常」を感じること。

じゃないとMEDIAに載せる意味が無い。

そこら辺の何処にでもありそうな醤油ラーメンを載せても意味が無い。

 

・有り得ないくらい大盛り
・有り得ないくらい行列が出来ている
・有り得ないくらい真っ赤っかのラーメン (・・・あれか?? 笑)

 

そのちょっとした、あなたの「非日常」が人が見ていて面白いところです。

 

・・・って、Facebookの話じゃなくて、、

昨日「イレギュラー」で飲んだ、、

この「イレギュラー」の意味ですが、本来昨日は、僕としては飲まずに仕事に専念する日と決めておりました。

残念ながら、毎日飲み歩いて生活できるほど余裕はありません。

昔から「ONとOFF」の切り換えは徹底していたので、今の僕があると思います。

 

だから馬鹿飲みする日、馬鹿みたいに仕事する日の、昨日は後者だったということ。

ただ、昨日はあるビジネス仲間が、失恋したばかりで傷が癒えておらず、食事の時から、いつも以上に飲むペースが速くて、「あーーー辛そうだな」って思って見てました。

もう1人のビジネス仲間もなんとなく空気を察知して、失恋の話を聞いて上げている状況…

その彼は、どちらかと言うと僕の方からいつも連れ回します。

 

つまり、

 

・仕事する日
・とことん飲む日

 

このとことん飲む日に無理矢理連れ回す…笑

そして彼はいつもそれに付き合ってくれる。。。

 

そんな彼が珍しく、

「朝まで飲みたい」的な発言をしました…

 

今となっては、「失恋の味」と言うのすら忘れてしまいましたが、誰かを心から愛し、その恋愛が何かの理由で上手く行かない時、、その辛さ、苦しさは、まだ分かっているつもりです…笑

 

そんな彼を1人にさせる分けには行かず、3人で飲みまくりました。

少しは傷が癒えるのを願っております。

 

いつも自分都合で彼を誘っておいて、そんな彼が珍しく「弱音」を吐いて、、

それをスルーするほど、僕は人として終わってない。

 

でもね〜〜こういう姿を見て、ほっとく人間の方が大半なんです。

 

全員が「自分都合」。

自分の都合がいい時にだけ、相手に近づき、自分の都合が悪くなると、逃げる。

 

自分の都合がいい時にだけ、誰かにGIVEし、自分の都合が悪くなると、そのGIVEを回収しようと動き出す。

 

ちょっと抽象的ですね。

言いたい事は、

 

「もっと相手の気持ちに立って行動しよう」

 

と言うことです。

昨日、朝まで付き合った彼は、心から感謝してました。

きっと僕らの想いは届いたでしょう。

 

僕はとにかく、こういう行動を昔からして来た。

そして、結果、すべてが上手く行った。

 

「上手く行った」と言う表現は何か最初から計算しているような書き方ですが、そういう意味じゃないです。

 

「人が辛い時にこそ、何かしてあげる意識。」ですね。

 

特に下記、2つのシチュエーションの時は意識的に行動することをお勧めします。

 

その人の為に、できること。

そんな大袈裟なもんじゃなくて、簡単な行動でハンパ無い効果が見られます 笑

 

1.お見舞い

 

僕自身、何度もラグビーで怪我をして入院しました。

長い時は2ヶ月か??

 

・・・本当に暇です。。。

その時に何度も足を運んでくれて、下らない話をして帰ってく友人に本当に感謝しました。

だからこそ、それ以降、僕は「入院」と聞くと、すぐに「お見舞いに行かなきゃ!」と言う意識が働きます。

 

だって、口では、

「いや〜いいよ〜〜 すぐに退院するから〜〜」

 

なんて、言ってますが、マジで来てもらいたいものです。

 

なぜならば、自分がそうでしたから…笑

 

2.転勤挨拶

 

これ、以前も発信したことあるけど。。

特に東京本社から地方に転勤を命じられたサラリーマンは、本当に「凹み」ます。

 

栄転でも、、

出世でも、、

一時的な異動でも、、

 

で、皆口を揃えて、

 

「◯◯さん、、今度、大阪に遊びに行きます!」

 

はい。誰も行きません…口ばっか。

 

で、僕は仲のいいクライアントさんには自腹で会いに行ってました。

そういう行動に会社は経費を出しませんしね。

 

その時の感謝のされ方、、、異常ですね。。。

本当に嬉しいんだと思います。

 

まだだそっちの生活に慣れてない、、不安な時に昔からの知り合いに会える歓び。

 

あっ そうだ。それで思い出した。。。

変な意味、僕はあまり意識してませんでしたが、上司やクライアントの「点数稼ぎ」をしたかったら入院も転勤挨拶も「早め」をお勧めします。

なぜならば、「郷に入れば郷に従え」じゃないですが、人は環境にすぐになれる生き物ですから、、、

早い方がいいです。まだ不安な時ですね。

 

なんか、最終的にはグロイ営業戦略になってしまいましたが、、、

 

あんな素敵な彼を振った女性に後悔させるくらい、彼には今以上に素敵な男になってもらいましょう。

 

 

KOI公式メールマガジン