評価は「他人」がするもの。

 

いきなりですが、やはり人の評価・人事評価ってすんげえ難しいと思うんです。

サラリーマン時代にも感じましたが

「完璧な評価なんて無理」ということ。

絶対に個人の「主観」が入る。

好き嫌い・同情・期待……

今思うとそんな抽象的なもので、査定+ボーナスが決まってたと思うとゾッとするけど。

評価する方は何かしら自分の軸を持ってやっているとは思いますが、されてる方が納得できないし、他人の評価に対しても絶対に納得できないものです。

「評価は他人がするもの」

という個人的には名言だとは思いますが、完全に納得できるものではない。

またサラリーマン世界はこの業界と違って
「結果」がすべてじゃない。

もっと言うと「売上」以外にも色んな評価軸がある。

・クライアントに気に入られている
・スタッフに愛されている
・会社の主要なプロジェクトに参加している(だけ)

当然

・直属の上司の感情


これが1番大きいのが難点なんだけど。

僕はそういう人の評価をする立場になる前にサラリーマンを挫折したから、もし今その立場になってたら、、

・・・結局皆と変わらない感じなんだと思う 笑

そういうのが嫌で何処まで出来るか分からないけど自分のコミュニティでは、少しでも全員に納得してもらえるように意識している。

BEC2期から導入したMVP制。

・中間MVP
・年間MVP

の選出を行い、今の所は上手く行っていると思っている。

これをキチッと出来ると受賞した人だけでなく、自然と他のメンバーにもやる気が波及し全体がいい雰囲気になることを知った。

だから当然、3期も導入済み。

僕が評価させて頂く時に意識しているのは大きく2つ。

1.絶対値よりも成長率

0 → 10

100 → 110

同じ「10」の数字でも意味は全く違う。
ただの「規模」での評価は良くないと実感。

2.毎月1回評価

例えば今回のBEC3期で言えば、3月が中間、6月が年間になる。

そうなるとですね、、、どうしても……

1月に頑張って3月調子悪い人と、1月は調子悪かった人で3月頑張った人と比べると

直近の

「1月は調子悪かった人で3月頑張った人」


こっちを選んでしまう傾向にあります。

人は昔のことを簡単に忘れちゃうし「旬」ということで勢いで選ぶ。

これは不公平。

なので、毎月3人を選びポイント制にしました。

1位:3点
2位:2点
3位:1点

それを1~3月の合計点で割り出す。

なかなか46人の精鋭の中で、3ヶ月の内に2回も入賞するのは大変ですが、それでこそ価値のある賞だと思っております。

なんか抽象的だな・・・笑

折角なんで今日は先月3月の活動報告を見て、僕が選んだMVP TOP3とその選んだ理由をお伝えしたいと思います。

それでは参りましょう。

3位 大越 + K 君

・・・こうやってたまに2人同時で入選も。。。

理由は単純でした。

2人ともBECに入った時点で月収1,000万円を目標にしてて、それを3ヶ月で達成したから。

大越は無在庫輸入転売+コンサル+コミュニティ運営、かたやK君はYoutubeアドセンスとスタイルは違えど2人とも同時に達成。

そりゃあ、、選ばれるっしょ!

ほんと すげえ

おめでとう!

2位 石井 さっちゃん

・・・もう、、なんていうか感動レベルっす。

先ずはこの報告が来た時は本当に驚いた

ーーーーー

今日は三浦さんの

「トレンドブログは、つかんだと思ったら、仕事休んで喫茶店にこもって1日記事をかけ」というご指導に基づき、1日こもって11記事書きました。

結果・・・・まさかの日給5万8679円達成いたしました。

前日、前々日は数百円の報酬(笑)でも、タイミングで5万円越えできるのがトレンドブログです。
明日明後日とフルタイム仕事がお休みなので引き続き結果にこだわってまいります。

昨年8月にトレンドブログを始めて苦節9か月。ほんとうに遅咲きや。
1回きりのまぐれにならないように、次につなげていきます。

8月からご指導いただいた千種さん、野崎さん
本当にありがとうございます。

これからさらに、報酬上げてまいります。よろしくお願いいたします。

ーーーーー

彼女とはなんだかんだ付き合いが長いんです。

最初に会ったのはなんと、僕が井上泰輔と初めて会った日。

そこから変わりまくっていく泰輔をさっちゃんはどんな目で見てたのか?

「どうしてもあの人は出来て、私には出来ないのか?」

と、思いながらも

「自分に相応しい稼ぎ方があるはず」

というノウハウコレクターが一番行き着くコースを順調に歩み、投資だけが続き何をやっても続かない状態で数年……

BECの3期で遂に爆発しました。

嬉しい!

毎月数字報告を見ても「1万円」行けばいい方だった彼女から、もう少しで100万が見える数字を見て、正直目ん玉ひっくり返ったw

また、その数字からくる自信なのか、日々の発言・行動・表情……すべてが大激変!

これは、、大越・K君には悪いが、堂々の「2位」にさせてもらいました!

さっちゃん、、自分でも言っている通り、一過性で終わらずに継続で頑張ろうねー

でも、

おめでとう!

そして、そんなガンガン成長している人たちがいる中での、圧巻の1位はこの人

1位 茂呂史生

・・・またか、、と思ったけどこの人以外3月は有り得ないと思った。

自分の福祉事業や物流事業の本業はもちろん、BECの2つのメインイベントであった

・BUYMA三銃士セミナー
・谷口案件

に於いて、なくてはならない存在。

いや、茂呂さんがいなかったら多分成立してないっしょ?

だからなのか、多分誰よりも

「寝てない」

誰よりもビジネスをしていた……

やはり口だけのピーチクパーチク男よりも「量」で圧巻できる彼を僕は心から尊敬する。

結果、

「プロデューサー」としてのスキルも格段に上がり、彼のキャパがまた一段と広がった感じ。

「For the Client」
「GIVEの精神」が、ぱない。

どう考えても3月は彼しかいない。

コミュニティメンバーには

「もし1位に納得できないのならば、ビジネス 観 そもそもを変えてください」

まで、言ってしまった……笑

ということで、茂呂さん、、お疲れ!

そして、ありがとう!!

まだ3ヶ月もあるからまた色々助けてね!!

てな、感じです。

どうでしょうか?

僕なりの「軸」を持って評価させて頂いた感じです。

当然、これが正解でもないし もしかしたら、全く人によっては理解されない受け入れられない評価指針かもしれない。

けれど、

ただ単に数字だけとか、好き嫌いだけよりは100倍いいと僕は思います。

人は誰しも他人の目が気になるもの。

「俺は他人の目を気にしない」

という人に限って普通の人の10倍気にしていたりします。

怖いのは軽い気持ちで人の評価をしてしまいデリカシーのない発言から傷付き、立ち直れない人もいたりする。

「そんなつもりで言ったワケじゃない」

と言っても後の祭り。

言葉は文字には残らないけど心には刻まれるものなので。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

指導者として絶えず意識していこうと思います。

ではでは

PS

昨日の嵐の相葉君主演の貴族探偵……

ヤバかった。。。
(悪い意味のです)

ミスキャスティングじゃね?

脇役が素晴らしいだけに………

・・・勿体無い。。。

CXは「月9」というブランドをどう育てたいのか?

それとも、時代の変化を見て見捨ててるのか?

TV・ドラマ好きの僕としては
引き続きウォッチし続けますが・・・

 

 

 

KOI公式メールマガジン