あなたにとっての「自由」ってなんですか?

 

やはり「組織」で働くことに慣れている人が多い世の中。

「個人」で働くこと

⇒ 自ら価値を創造し、その対価を頂くという思考

が、なかなか身に付かないようだ。

僕もそうだったから人のことを言えないが、このサラリーマン思考から抜け出さない限りいつまでも結果は出ないと思っていい。

組織が守ってくれないから、不安が絶えず消えないのも分かる。

嫌な仕事でもやる気がなくても、会社に行って我慢すれば給料は貰えるという環境ではないということ。

同じ教材を実践していても、必ず差は生まれてしまう。

その差は、

「やり切るか」
「結果が出るまで諦めないことが出来るか」

これだけです。

最初からいきなり成功するわけがない。
そんな天才なんていなくて皆、凡才なんだから、

結果は「やるか」「やらないか」だけです。

そしてやっていく内に気付く。

結局、「価値」とは「人」が決めるということに。
あなたの価値観だけをぶつけても、それは独りよがり。

それはあなたの価値観であって、市場が求めている価値観は結局は事実がすべて。

だからとことんリサーチ + 業界の知識を勉強することから始めてください。

そして、実感して欲しい。

「個人で稼ぐ快感を」

「あなた自身の力で稼いだ」という実感を。

サラリーマンとは違う稼ぎ方を。

その力を身に付ければ、あとはジャンルを横断できる。

たとえば転売の教材を実践していき、興味があればそのあと転売を極めてもいいし、情報発信してもいいし、転売ビジネスにはまり販路をe-bayにまで広げてもいいし、リアル店舗仕入れなど、

教材の作業の1歩から無限に可能性が広がる。

最高にワクワクするビジネスです。

僕は当然、独立されなかったらこんな素敵なビジネスが存在していたことすら知らずに終わってたでしょう。

仮に知ったとしてもバカにしてたでしょう。

そう意味では、僕の今のビジネス 観の原点に戻りますが、

「お金の不安があるサラリーマン」

「主婦でパート以外のビジネスを探している人」

「現状に不満を抱えて、何か新しいことにチャレンジしたい人」

そういった方に懇切丁寧にこのビジネスの魅力を伝え、少しでも自分が役に立ち、たくさんの人を救い続ける。

それが会社を去ることになり、色んな遠回りをしながらここに辿り着いた自分の使命だと思います。

そして今日一番話したいこと。

(前段、、なげえ・・・笑)

僕はたまにギャグで

「電通に入って、ラグビーの仕事をしてえーー」

なんて言ってますが、本当の冗談です 笑

ま、受け入れてくれないのもありますが、今の僕はあの環境に死んでも戻りたくない。

一番の理由はこれです。

「人間関係ストレス」

未だにサラリーマンの方の大半の悩みはこれでしょう。

・嫌な上司
・生意気な部下
・むかつくクライアント

こういう人とも付き合わなきゃならない。

日本もアメリカ化してきて、昔よりも終身雇用が美学ではなくなり、キャリアアップの為の転職市場も活発だ。

とはいえ、蓋を開けてみたら転職の80%の理由は

「職場環境」
「人間関係」だったりするのが笑ける。

今思うと、僕も仕事のストレスの大半はこれだった。

仕事がうまく行かないのはしようがない・・・
別にそれでも謝れば給料変わらないし。

企画力が身に付かなくても全然いい。
だって自分よりも企画力ある奴に任せればいいから。

だから人よりは上司に楯突いたり、ムカつく部下に罵声を上げる方だったけど

(それも独立の原因の一つ)

それでも、人の顔色を伺う時間が多かった……

だから僕は死んでもあの環境には戻らない。

そういうストレスを抱えている人の希望の星でいたい。

これで僕がメルマガで稼げなくなり、コンテンツで稼げなくなり

「サラリーマンに戻るか……」となったら、

たくさんの読者様がガッカリすると思う。

僕の読者様が全員ネットビジネスをやっている訳じゃない。

多分多くの方が

「三浦孝偉人生劇場」を楽しんでいると思うし、

きっと勇気を与えているとも自負している。

稼げなくなったら、

「考える」

「新しいことにチャレンジする」

逃げるような思考にはなっていたくない。

今の僕はおかげさまで、たくさんの人が周りにいてくれている。

それも、僕が大好きな人ばかり。

「嫌な奴とは仕事をしない」

それが今の僕が考える「自由」です。

それを可能にするのが個人ビジネスです。

確かに時々不安になります。
誰かに組織に守ってもらいたくなります。

でも、今の僕は「逃げる」ということが選択肢にない。

たくさんの人が僕の背中を追っかけている今の状況で、僕がやらなきゃいけないことだと思います。

定期的に自分がビジネスをする理由を考えるのはいいことだと思います。

ぜひ、壁にぶつかっている方は特に

「なんでビジネスしているんだっけ?」

「自分にとってどんなビジネスが理想なんだろうか?」

を考えてみてもいいと思います。

ではでは

 

KOI公式メールマガジン