うん、そうだ。アフィリエイトしよう!

 

昨日はサッカー日本代表は残念でした……

 

ていうか、カタール マジで強い。

 

普通に実力負けだった様に思います。

 

 

僕はこういうスポーツの勝敗の時によく「10回やったら」という表現を使い、両チームを分析する傾向にあります。

 

キングダムでいう、主人公たちの最大のライバルである李牧の発案から合従軍が生まれ、秦が絶体絶命のピンチの時に昌平君が戦術を練り

 

「100戦やって
 合従軍:80勝
 秦軍:20勝」

 

と、呂不韋に言った感じですね。

 

 

昨日観戦した感じでは、日本代表とカタールは10回やっても今の実力じゃ、7勝カタール:3勝日本のような気がします。

 

ちなみに、我が母校慶應大学ラグビー部が、最後早稲田に負けたが、個人的には10回やったら

 

6回:早稲田
4回:慶應

 

のような気がする。

 

こう表現するとなんとなく実力差を人に伝えやすい。

 

 

でも、真剣勝負は1回。

 

厳しい世界です。

 

 

今度のW杯も日本が出場した上で楽しみたい。

 

 

この負けを糧に頑張って欲しいところです。

 

(ラグビーだけじゃなく なんだかんだサッカーも大好きw)

 

 

前段がまた長くなりましたので、この辺で本題に入ろうと思います。

 

それでは、参りましょう。

 

 

▼ うん、そうだ。アフィリエイトしよう!

 

 

昨日も書きましたが、ネットビジネス・info業界は、2019年頭から激しい動きをしております。

 

楽しいな~こういうの。

 

どんどんやって欲しい。

 

そして僕らに新しい価値軸を提案してもらいたい。

 

 

■ 小玉さんの「好きなことで生きて行く3STEPメソッド」

 

■ あの名作 和佐さん・木坂さんのネットビジネス大百科の続編を無料+月額オンラインサロン

 

 

うんうん。

 

ちなみに、ネットビジネス大百科2は、登録した方は紹介できるシステムを発表しました。

 

つまり、僕もこのメルマガで紹介していい!ということです。

 

1オプト2,000円で100人以上紹介したら3,000円!

 

なかなかの高額案件になりました。

 

 

祭りが大好きな僕はこういうのはすぐに参加したくなるのだが、、

 

ふと想うことがあり、敢えて小玉さんに連絡してみました。

 

 

「今回の教材って
 アフィリエイトしていいっすか?」

 

 

みたいなw

 

こっちはそんな話は無いのにです。

 

(どうやら今は提案が通ってOPENになったみたいですが…)

 

 

ええ。

 

僕は今の時代の流れはこっちを優先させるべきだと考えたということです。

 

僕のメルマガ読者様にも相応しいと判断。

 

別にタイミングが違ければどっちも紹介したいところだけど、どっちか選ばなきゃいけないとしたら間違いなくこっちです。

 

2つも同時に攻略は絶対に無理なので。

 

別に、小玉さんと仲がいいから、お世話になっているから、みたいな話じゃないです。

 

 

「今」の時代を考えたら、、です。

 

いきなりですが、

 

小玉さんのサービスの難点をお伝えします。

 

 

それは、、

 

 

「アフィリエイター泣かせ」

 

 

のところ。

 

 

ぶっちゃけ、中身云々の前に、本人しか売れないのが多い。

 

これ、僕なりの分析なのですが

 

・彼の個性の強さ から来るものだと思う。

 

 

彼も薄々気づき始めているので、昔は結構アフィリエイト祭りをやってたのですが、

 

(皆んなで一気に販売!みたいな)

 

 

最近は一切しなくなった。

 

 

だけど、今回は色々考えたけどリスクを背負ってでも販売したいと考え連絡した次第です。

 

仮に皆様に手に取ってもらえなくてもこのテーマに付いては、僕のセールスを通じて皆様に真剣に考えてもらいたい。

 

僕の活動の1つにもかなりリンクしている。

 

 

ですが、どうやら再販は全く考えていないということ。

 

つまりこのタイミングを逃したら手に入らないだけでなく、販売も出来ないと知り、さすがに悩んだが……

 

うん。やっぱり売ろう。

 

もう少しだけ仲間を増やしたい。

 

 

その仲間とは、一昨日のセミナーに参加してくれた人たちです。

 

(24万8千円払わないと入れないグループになります)

 

 

どういうグループなのかは、昨日の参加者の声の1人が分かりやすい。

 

 

ーーーーーー

どうしてもモヤモヤしていたこのコトバ

 

「好きなことをビジネスに」

 

の、回答をいただけたました。

 

 

好きなことをと言われても、結局何をしたら良いのかが分からない。

好きなことをビジネスにしている人を見ても、マネできそうにない。

 

結局そうではなく、他の人よりホンのちょっと(偏差値51)のモノを見つけ、長く続けられそうなものを選択する。

 

そして需要があるかとか、キーワードがどうとかごちゃごちゃ考えているから、その先に進むことができない。

 

ターゲットを絞り込むことで、まず何を書けば良いのかが明確になり、書き続けられる土台が出来上がる。

 

広げたければ、その後いくらでも広げて行けば良いし、ブログのタイトルなんて、変えたって誰も文句は言わない。

 

 

最後に、ひとりひとりにディレクションいただき、安心感を得ることができましたし、皆さん違っていてびっくりしました。

 

ブログのコンセプトを決めるというのが、一番の障壁なのではないかと感じていましたので、これは凄く大きなプレゼントを頂いた様な気がしております。

 

 

ただ、これからが自分との戦いですし、続けなければ何も始まらないということを肝に銘じ、セカンドキャッシュポイントを育てて参ります。

 

ーーーーーー

 

今回の小玉さんの教材の3STEPノウハウのコアをまとめるとこれになります。

 

■ 商品を考える

 

 

■ 興味のある人を集める

 

 

■ 商品を販売する

 

 

ですが、最後の「商品を販売する」まで行くのは、かなり難易度が高い。

 

英語の横山、書道の坂本、バスケの中川、ゴルフのヒロキ

 

横目で見てたが、まあ辛そうだった。

 

とはいえ、そこを乗り越えたから、今じゃかなり爆発しているんだけど。

 

 

だけど、彼ら彼女らほど努力しなくても、このテーマで成立するビジネスは存在しちゃいます。

 

 

それが今、僕がやっているこれ。

 

 

■ 自分の好きな or 得意なテーマを考える

 

 

■ ブログ記事を書く

 

 

■ 稼ぐ

 

 

うん シンプルだ。

 

 

そして、もし余裕があれば、、

 

 

■ 商品を考える

 

 

■ 興味のある人を集める

 

 

■ 商品を販売する

 

 

を、やればいい。

 

僕のノウハウの先にこれは存在する。

 

だから同時にも出来たりする。

 

 

このノウハウで一番大事なのは当然入り口です。

 

■ 商品を考える
■ 自分の好きな得意なテーマを考える

 

大半の人間は、ていうかこの前もセミナーでも出た言葉。

 

 

「私は取り柄なんてなんもないんです……」

 

 

あのですね~普通に20年・30年・40年生きてきたら、人よりも得意なこと好きなことは2つ3つあるはず。

 

それは「絶対」です。

 

ただ、それが

 

「ビジネスになる」

 

ということに気付いていないだけ。

 

 

だからそこはこの前のセミナーのように、人数限定で僕がサポートします。

 

 

Google Youtubeが数年前に

 

「好きなことをビジネスに」

と、CMでガンガン言ったことで世の中にこの言葉は浸透しましたが、ぶっちゃけ僕らはその前からこの言葉を使っていた。

 

 

そのくらいinfoは速い。

 

 

だけど、これもどんどん浸透してきている。

 

多分、着手するタイミングの美味しい時期は今が最後だろう。

 

 

なので、アフィリエイトします。

 

 

24万8千円払わないと入れない裏コミュニティにご招待します。

 

 

セールスは来週の月曜日から3日間だけ。

 

 

何かを感じらたぜひ飛び込んで欲しいと強く願います。

 

 

自分が好きなことや得意なことでビジネスを。

 

 

「好きなことをビジネスに」

 

 

という言葉が大嫌いな僕からの新しい提案になります。

 

 

 

▼ 今回の教材の一番いいところ

 

僕が今回特に

 

「いいな~」

 

と思うのは、ケーススタディが溜まってきたというところです。

 

ご存知、英語の横山や書道の坂本とか、バスケの中川は友達みたいなもんです。

 

昔からこのノウハウを実践しているが、、

 

ねえ・・・

 

・英語
・書道
・バスケ

 

と言われてもね~

 

大半の方は

 

「自分には関係ない」

 

と思ってしまう。

 

 

だけど、さすがに14人も集まると自分が目指したい方向性の人が出て来る。

 

僕のBEC on-line schoolでも学んでくれた、ウェディングドレスの藤本マキちゃんもいて嬉しいw

 

正直、ウェディングドレス製作をマネタイズしているマキは本当にすげえ。

 

勉強家だからな~彼女は。

 

そんな彼女以外にも本当にバラエティ豊かな人材が集まっているので、何かしら自分の活動のヒントになる人は見つかるはず。

 

トヨタの成功事例だけ知っているよりもAppleやamazon、スターバックスの戦略も知っている人の方が伸びるのと一緒。

 

 

こんだけの成功例がある教材はなかなかない。

 

だいたいは本人の成功事例のみ。

 

 

FMCというこの業界では最も大きなコミュニティを運営しているからこそ、形になった教材だと思います

 

あっ

 

FMCと書いて思い出しましたが……

 

 

定期的に

 

 

「三浦さん、FMCに入りました。
 宜しくお願い致します。」

 

 

と、ご連絡を頂戴しますが

 

・・・・
・・・・
・・・・

 

僕、入ってませんのでw

 

 

同じ三浦でもそいつは「三浦ヒロキ」というお調子もんなのでお間違いなくw

 

 

話は戻して……

 

 

14人ものノウハウを学べるのは美味しい。

 

僕がプロデュースさせて頂いた、インターネットビジネスの歩き方も4人だった。

 

 

満を持して・・・っすね!

 

 

今回の3TEPメソッドの前身である、コンテンツマスタースクールの更に進化版は美味しい。

 

 

 

▼「 偏差値51戦略」

 

レターに書いてある英語の横山ユキの紹介文が正にこれだ。

 

 

ーーーーーー

 

少し得意だった英語を生かし、自分が豊かになる感覚を得ながら年商9000万円を突破!

 

「自分の好きな事だけをしていても
 収入がどんどん上がっていく
 世界を知れて本当に良かったです」

 

 

ーーーーーー

 

この「少し得意」というのが重要。

 

ぶっちゃけ、横山の英語レベルを俺は知っているが、彼女よりも流暢に話す人やTOEIC連続20回満点の人もたくさん知っている。

 

文法とかヘタしたら俺の方が詳しい!!

 

だけど、今の彼女よりその方や僕が英語のビジネスで稼いでいるのか?

 

彼女以上に英語でビジネスを成功させているバイリンガールは何人いるか?

 

 

ただ得意なだけでもダメ。

 

少し得意でもマネタイズ法を知っているかどうか?

 

 

その魅力的な世界に皆様をご案内できればと思います。

 

 

今のウチに皆様の

 

「偏差値51」

 

つまり、人よりも少しだけ得意で少しだけ詳しいことをピックアップしておいてください。

 

 

今回の教材と僕のサポートで、それをマネタイズさせてあげます。

 

 

それでは、最後にもう一度確認ですが・・・

 

 

■ 2月4日(月)~3日間だけセールスします。

 

■ 僕の新プロジェクトメンバーにご招待致します。※人数限定

 

 

それでは!

 

 

PS

 

 

僕なりの

 

「好きなことをビジネスに」

 

の、セミナーの追加の参加者の声も一応載せておきます。

 

 

では。

 

 

ーーーーーー

お疲れ様です。

 

SEOとかキーワード選定とかテクニック的なことを勉強すると思っておりました。

 

今回の勉強会でブログ運営の全体像を考えることで、それだったらしっかりと続けられるし、可能性も広がることが理解できました。

 

改めて視点が違うことに驚きました。

 

趣味的なブログを書くことで自分の知識レベルも上がり、収入も増えていくというところにワクワクしました。

 

転売か自動売買かどっちでいこうかかなり悩んで中途半端でしたが、自動売買は趣味ブログと割り切ることで頭の中がスッキリしました。

 

(略)

 

ーーーーーー

お疲れさまです!
昨日は貴重な学びをいただき、ありがとうございました!

 

続ければ絶対稼げるブログだけどほとんどの人が続けられないという中で、いかに自分が続けられるテーマにするかというのが自分の中になかった新しい視点でした。

 

1年後を見据えてコツコツ取り組みます!

 

ーーーーーー

お疲れ様です!

 

昨日はとても学びが濃厚なセミナーありがとうございました!

 

もともと自分が運営していたブログの方針が明確になったのと、新しいキャッシュポイントとしてのブログ運営のキッカケもいただき、とても良い機会をいただけたと思っています。

 

「継続するためには?」という観点で、意識せずとも自然と更新する環境を、自分でどうやってつくるのかを考えて年末に「やってて本当に良かった!」という状態をつくれるように進めていきます。

 

ーーーーーー

KOI公式メールマガジン