鉄の意志を

 

こんばんは。三浦です。

今週は月曜日からコンサルティングさせて頂いているある会社で仕事でトラブルが発生して、、その対応で追われておりましたが、今日やっと少し落ち着きました。

やはり仕事はトラブルは付きものですね。

そういう時に「人のせい」にしたり「しら〜」っと見てみないふりをする人間と、自分ごととして捉え真摯に向き合う人、関係無くても、

「何か僕でお手伝いできることがありますでしょうか?」

と言う人、真っ二つに別れて面白いものです。
自分の会社でなく、「コンサルタント」という立場だからこそ、俯瞰で冷静に見れて、これまた発見がありました。

そんな中、今日、ある人が僕の会社に訪問して来ました。

ある外資系広告代理店の人事部長。
その人はもと前職時代の先輩で、僕が会社を興す前に、国内の広告代理店→外資系広告代理店への転職をしてました。

ま、いわゆる、ハンティングです。

「三浦、、、また一緒にやらないか?」と。

前職を辞めて1年も経つし、色々新しい経験も出来たから、きっと前よりも「質の高い仕事」ができると思う。

しかも僕のブログやメルマガも読んでいるらしく、マス媒体(テレビ・新聞・雑誌・ラジオ)の知識だけでなく、WEB・特にYoutubeを学んでいるのを知り、より魅力に感じたそうです。

 

なんと、年収1,200万のアカウントディレクターというポジション。+出来高でボーナス支給も。
それに加え、毎月経費で10万円(クライアントと食事とかで情報収集用ですね)

僕の得意の飲料やアルコールを担当するポジションのようです。

上司はインド人のアジア統括マネージャーに、4人の部下。
部下のうち1人だけ日本人で後の3人は外人。

 

・・・・・正直、心揺れる自分がいました。

 

やはりサラリーマンは、福利厚生であったり保険であったり、色々守られてますから。

 

日本の広告代理店の市場って、聞いたことあるかもしれませんが、電通と博報堂の2大巨頭で業界のシェア70%あります。

その他、30%を国内の代理店と外資の代理店が食い合っている状態。

世界的に見たら、超〜有名な広告代理店も日本じゃ話しにならないです。

だからいつも外資系の広告代理店は「優秀な人材」を探し続け、高額な報酬でハンティング活動を行っております。

ま、僕の場合は前職の辞め方が少し強引だったから、暫くはこういう声がかからなかったけど、これからチョコチョコ来るような気がします。

 

その度に、心揺れる、、、そうしたくないです。

 

まだ今自分が色々仕掛けていることに、自信が持てないのか?

そういう気持ちが少しあるから揺れたんだと思います。。。

 

僕は今年、このインターネットメディアビジネス業界に参入してから、とにかく走り続けて来ましたが、なんかやる目的が分からなくなっている時もありました。

「稼ぐ」ということだけしか考えてない普通のエセになりたくない、と思いながらも自分もその流れに呑まれていたりしました。

ただこの2ヶ月、小玉歩氏から直接ビジバシ学びを得たことで、ぼんやりとですがやることが見えて来たように思います。

 

この流れを止めたくない。。。

 

僕は、やはりエンターテイメント、特に「メディア」「クリエイティブ」が大好きなのです。

時間あれば、一日中テレビやDVD、Youtube、新聞、雑誌、、幾らでも時間潰せます。

 

正直前職の時は、「人とコミュニケーションを取るのが一番好き」と思っておりましたが、勘違いでした。

もちろんそれは好き。 だけど、それは所詮趣味の延長。

広告代理店に戻ってしまうと、アカウントディレクターと言う肩書きはカッコ良く聞こえますが、営業です。
調整ごとが一番のメインな仕事。

クライアントのニーズを聞いて、優秀なクリエイティブとマーケティングセクションと企画の立案・提案・実施。

前職の最後の方は、商品のこと、タレントのこと、クライアントの性格、クリエイティブスタッフの思考、、全て把握するとこの「営業」というポジションは
滅茶苦茶楽しいのですが、それまでってお使いなんです。

それと全部が全部、面白い仕事なんてことはなく、僕はたまたたまラッキーな仕事をやらさせてもらいましたけど、、、

クリエイティブに気に入られる為に、接待。
クライアントと仲良くなる為に、接待。

ま、外資系だから少しは楽だと思うけど、多分聞いたところ、そんなに変わらず。

折角今、Youtubeを通じて新しいメディアビジネスみたいな壮大な構想を練っていることが、、まあ、はっきり言って無駄になります。

組織では絶対できないことを今、自分はやろうとしているので。

 

でも、、今日その場で

 

「すいません、、今、僕やりたいことあるんで。。」

 

と言えた自分を誉めて上げたいものです。

 

僕が今この業界で1番やりたいこと。

それはまた明日お話しさせて下さい。

 

「個人で稼ぐ」ということは勿論、「サラリーマン」「副業」というキーワードにも通ずるものがありますが、、、

 

ただ単に日記的な話しでしたが、、、本日は以上です。

 

では!!

 

 

 

KOI公式メールマガジン