最近最も発している単語「ワークデザイン」の話

今、コミュニティで僕が口酸っぱく言っているのは

 

「ワークデザイン」という言葉だったりします。

 

 

これ、実はサラリーマン時代に最も怖かった上司に最も教わったことでもあります。

 

ほんとそれこそ「叩き込まれた」というレベルで

マジで教育されまくった。

 

 

「ワークデザイン」とカッコつけて言っているけど要は、

 

プロジェクトが発生した瞬間

 

「瞬時」に、

 

スケジュール管理

タスク表

課題、GOAL設定

 

こういうのを速攻で行え と。

 

そして、その上司の指導の良かったところは、

 

 

「多分だけど、スケジュール以外

    頻繁に変わる。

 だからその都度、

 動きがあり次第、

 何か変更あり次第、

 『ワークデザイン』し続けろ」

 

 

という指導を徹底されました。

 

 

ほんと あの上司はマジで怖くて理不尽だったけど

本当に感謝している。

 

無意識にできるレベルまで僕を引き上げてくれたから今があると思っている。

 

 

特にこの「ワークデザイン」の大事さを感じたのは

 

「個人事業主」になってからだ。

 

 

サラリーマン時代はなんだかんだ「強制」というものが働くから

自然とワークデザインしている自分がいたりした。

 

だけど、今は誰からも「強制」されない。

 

自分で管理しないと何も始まらないのだ。

 

 

だからサラリーマン経験者はみんな口を揃えてこう言う。

 

サラリーマンという強制力を利用した
スケジュールは否が応でもこなせても、

やらなくても何も言われない副業は
自分に甘くなりがち。

私は自分に強制力を持たせて奮い立たせるために
コミュニティに参加しているようなもんなので、

そろそろ自力で強制力を利用しなくとも
自己管理ができるようにならなくては、、と
音声を聞いて改めて実感いたしました。

 

ワークデザイン=スケジュール管理
締め切りを設定する、意識する、守る。

サラリーマン経験が長いのに全然できておらず情けない限りです。

 

このワークデザインの件については、前職では本当に口酸っぱく言われたのと、
1日のスケジュール管理に関しての厳しさを経験していました。

しかしながら僕自身も、こと個人のことになると甘くなってしまうのは非常に反省点があります。

 

最近の自分は時間にルーズになり過ぎています。
毎月、毎日、サラリーマンの仕事はきっちりワークデザインを行っているのに、
なぜ副業でできないか。
先のスケジュール、世界の動きを予想して営業数字を積み上げているのに、
なぜ副業でできないか。
稼げない自分、やると決めたことをやりきらない原因は、自分に対する甘えの他ない、と結論づけました。

 

締め切りの意識は会社で鍛えられているはずなのに、自分のこともなると甘くなります。
それは誰にも何言われないからで、、、

やはりおしりは宣言しておくこと必須。

 

サラリーマンの仕事ではできるのに

なぜ、副業や個人ビジネスになると一気にこうなるのか?

 

・・・まあ、みんな分かりますよね?

 

これまた、強制継続+自主継続の話ですが、

 

強制継続はぶっちゃけ誰だってできると僕は思っている。

 

(本当に変わっている人以外w)

 

 

嫌でも毎日満員電車に乗れる

 

嫌でも練習には出る

 

めんどくさくても上司に言われたらやる

 

辛くて眠くても家事育児はする

 

 

だけど、僕が思うのは

 

「強制継続だけじゃ

 人生は変わらない」ということ。

 

 

自ら考え、目標を設定し、それを達成するために

「自主継続」できる人間が他者を引き離す。

 

 

だが、本当にたくさんの人を見てきたが

これをやれる人は少ない・・・

 

だから副業で成果が出る人が少ないんだろうけど。

 

 

その1番の理由は

 

稼ぐ理由

いつまで

 

という2つが固まっていないからだ。

 

 

なぜ、稼ぎたいのか?

 

それはいつまで?

 

 

これを強烈にイメージすることが大事だ。

 

 

 

面談とかしていると、

 

 

・これをやりたい

 

・これを達成したい

 

 

という「want」や「hope」は幾らでも出てくるが

 

「must」「have to」がないからただの絵空事で終わってしまう案件が異常に目立つ。

 

 

一番分かりやすいのは、

 

いついつまで

 

それをやるべき理由

 

を、自分の中で設定するのがいいと思います。

 

 

副業をやる人は年々増えていきますが

雑感としては成果が出ている比率は下がっているような気がします。

 

 

なんとなく

 

「稼げそう~」

 

「楽して」

 

という意識で参入するからなのでしょうけど。

 

 

だからのチャンス。

 

 

人よりも少しだけ「自主継続」を行って

とっとと成果をだして新しい世界を見てもらいたいと思います。

 

 

では!

 

KOI公式メールマガジン