「大義名分」優秀な営業マンが最も意識すること

また1つ、歳を取りました。

 

そして遅めの朝起床時に、たくさんのメッセージを頂いたことを知り素敵な朝(?)を迎えることができました。

 

 

ありがとうございます。

 

 

いつからでしょうか?

 

誕生日がそんなに嬉しくなくなったのは・・・

 

当然幼い頃は、1年の中でも一大イベント。

 

どんなプレゼントをもらえるのか?

 

誰に祝ってもらえるのか?

 

それを楽しみにしてたことを懐かしく思います。

 

 

僕もマジでいい歳になってきました。

 

「若さ」だけで突っ走るのではなく

しっかりと「大人の魅力」を身に付けて

 

「三浦さんみたいに歳を取りたーい」

 

と思われるよう、日々精進します。

 

 

だって、ダサい40代、多過ぎでしょ?

 

カッコいい40代を目指します。

 

 

今年はきっと「YouTube」の年になりそうですが、

それはそれでアリだと思うので、ひたすら走り続けます。

 

 

お祝いのメッセージの中に幾つか

 

「おっ 懐かしい~」

 

と思った人が数名いました。

 

 

そんな彼らにこちらから連絡して幾つかまた新しい仕事ができそうです。

 

 

こういうメッセージを見ると、サラリーマン時代の僕が

 

「この人は優秀だ」と思えた営業マンを思い出します。

 

 

優秀な営業マンは何かと連絡するタイミング素晴らしい。

 

 

・誕生日

・年賀状

 

 

こういったこと「大義名分」を元にガンガンアプローチしてくる。

 

 

やっぱ、ずっと連絡し続けるのはウザいっす。

 

タイミングが悪いと仕事にはならないは、逆に

 

「もう連絡してくんなよ」

 

と言われ、関係が悪化する時すらある。

 

 

だけど、それで諦めたら営業マン失格。

 

彼らの凄いところは、STORYの作り方、、ですね。

 

 

・お久しぶりです!誕生日おめでとうございます。最近は如何お過ごしですか?

 

・明けましておめでとうございます。今年こそ飲みにいきませんか?w

 

 

かの有名な秋元康さんも

 

「年賀状ほど、最強なラブレターはない」

 

というのも肯ける。

 

 

その流れでこんなアプローチもあった。

 

 

・昨日、三浦さんと行った店に行く用事があり、なんか三浦さんのことを思い出して連絡してみましたー

 

・今、たまたま下北沢にいるので良かったら、、

 

 

これは強引だけど、マジであった話、、

 

 

・昨日、三浦さんの夢を見たので思い切って電話してみましたー

 

 

・・・・・嘘でも笑けるw

 

 

関係ができてたら、誘う理由なんて幾らでも、なんでもありです。

 

 

ですが、イマイチな関係のときは

 

「大義名分」

「STORY」

 

を、駆使してアプローチする営業マンが最強のような気がします。

 

 

折角の誕生日でしたが、結局は

 

「ビジネスモード」で今日という日を過ごした自分に嫌気がさしますが、

 

まあ、それが40代の誕生日の過ごし方、、ということで。

 

 

引き続き、宜しくです。

 

 

頑張って参りましょう!

 

 

ていうか、noteはやっぱ熱いわ・・・

 

やればやるほど、今は美味しいMEDIAだということを知る。。。

 

 

また、そちらもご報告致します。

 

 

ではでは

KOI公式メールマガジン