これからの成功論=「ブランド理解」と「自分を卑下しないこと」

 

週末もあっと言う間に終わりですね。

先週は、ここ最近で最も早いと感じた1週間でした。

色んなことを詰め込んだ1週間だったと思います。

 

でも、充実感はあります。

こんな1週間を52回続けたら1年間でかなり成長出来るな・・・と思ったりします。

 

昨日は僕の作業場である銀座に、教え子であるNが来てくれました。

彼は今、死ぬ気でYoutubeトレンドマーケティングを販売しており、そのフォローとして対談音声を収録しました。

僕なりの今思う、Youtubeのこと動画のことインターネットビジネスのこと、ざっくばらんにお話ししました。
収録後、以前これまた対談した44歳にして脱サラした佐藤さんと3人で、有楽町のくっそ騒がしい居酒屋で食事をしました。

 

いや〜楽しかったです。

 

Nは今、Youtubeアドセンスであったり、メルマガアフィリでも今月で50万を突破します。

以前から、独立に対して強い想いがありますが、なかなか踏み込めなかったりします。

Youtubeでも100万稼いだし、、この数字を聞くと、

 

「え?? 独立できるじゃん?」

 

と思いますよね? それでも、踏み込めない。

 

小玉歩だって、副業で1億を稼いでも会社を自ら辞める気はなかった・・・

そのくらい、組織に属している「安心感」「安定」を捨てるのはとても勇気がいることです。

その気持ちは痛いほど分かります。

 

それは僕も佐藤さんも同じ気持ちだから、昨日の食事中も、Nに対して,そこら辺のエセ自己啓発者と違って、

 

「明日には辞表を出せ!」

 

ということは言いませんでした。

独立したら彼は自由が手に入ると同時に、安定がなくなる不安と戦うことになります。

そりゃあフォローできることはしますが、最終的には自己責任。

煽ったり、無理矢理・・・は違います。

 

お酒が入って行くと、どんどんNの本音が聞こえて来ます。

「会社辞めたい。チャレンジしたい。」

かなり心の声が聞こえて来ました。

 

家族にも話はしているそうですが、そりゃあね・・・説得は大変ですよ。

だからこの件に関しては、あまり家族に相談しないことをお勧めします。

 

そしてどんな道を選ぼうが、死ぬ気で家族を守ること。

それを実践するしかないです。

 

そんなNと話したり,教材を開発したりしている今、特にこの業界で成功する為に必要なこと。

 

ここ最近2つ強く思います。

 

<同士・仲間の重要性>

 

Nは今の状況をはっきり言って誰にも相談出来てません。

自分の中であったり、近場の家族だったり・・・

当然職場や学生時代の仲間にきっとこのような相談をしても、、、

多分いい答えは帰って来ないと思います。

 

「安定」を捨ててチャレンジすることを応援するサラリーマンはいません。

 

なぜならば、自分ができないから。

やろうと思っても、行動出来ない自分が嫌いだから、そんな目を輝かせたチャレンジする男は、眩し過ぎて彼らの目には映りません。

 

だから今いるチャットグループで同じように頑張っている、小倉さんや宮田、小屋とか、、そういう人に相談すべき。もっと。

折角、ゴールデンクラブを通じて同じような気持ちを持っている人がたくさんいるから、きっとNの悩みを分かってくれる。

 

折角の出会えた素敵な仲間・・・もっともっと交流しましょう。

 

僕だって、小玉さんがいなかったら今の教材作り・・・多分既に挫折しております。

本当に大変なんで、、だけど楽しみにしてくれている人、

何よりもこれでさらに僕のステージを上げたがっている小玉さんの為に今日もパチパチWordを叩きます 笑

 

1人で抱えるのはダメです。

 

僕の好きな名言(?)の1つに、「ストレスは他人に移譲できる」という恐ろしい言葉があります。

 

他人に話す、もっと言うと他人に少し肩代わりしてもらう 笑

これ聞いて、きっと小玉さんや富松や沖本さんやヒデちゃんは見覚えがあるはず・・・

僕がイライラする件は、こういった仲間に容赦なく伝えます 笑

 

<皆、自分を卑下し過ぎ>

 

「僕なんてまだまだ・・・」
「三浦さんのおかげで・・・」
「三浦さんとはステージが違い過ぎる・・・」

 

高飛車はよく無いですし、自分の能力以上の過大評価は最悪ですが、なんかここ最近、皆自分のことを過小評価し過ぎのような気がします。

 

今のこのご時世に、ほぼ初心者からメルマガアフィリで50万。

普通にサラリーマンをやりながら、寝不足で作業して毎月10万。

ずーーっとノウハウコレクターだったのに、キッカケを見つけ1万円!!

 

本当に素晴らしい。

だって、ネットビジネスで1万円稼いでいる人、数%ですよ、数%。

もっと自信を持ってもらいたい。

 

堂々と顎を上に向けながら、街中を歩いて頂きたいです。

(まあ、感じ悪い・・・嫌われるのは自己責任で・・・笑)

 

これから特に個人で戦う場合、副業だろうが、何よりも自分に自信がなかったら絶対に成功しない。

自分が生きて来た人生を悔やんでもしようがなくて、そこからの経験を糧に次に行けばいい。

 

自分の価値を値引きしちゃ行けない。

仕事も全部安受け合いしちゃ行けない。

 

そう思います。

 

会社で、気付いたら自分だけに仕事が回って来る・・・

これってあなたが仕事が出来るから回って来るのか?

それとも「都合がいい」と思って全部振られるのか?

 

全然違います。

明らかに、僕は前職時代入社2年目くらいは、とにかく自分を安売りして、なんでも仕事を受けました。。

 

結果、

「三浦は頑張る奴 (あいつは文句を言わずにやるから使いやすい)」
「三浦は今時珍しい文句を言わずにやれる男(とにかくあいつは死なゃーしない。体だけは頑丈に出来ている)

 

そんな評価であって、結果、救急車に運ばれます。

 

人はなんか動いてないと、仕事している気がしないもんです。

それじゃダメです。

 

時には、じっくり1時間くらい何もせずに、企画・アイディア・戦略を練ることが重要ですし、その時間を如何に貴重・重要に感じられるか? そういうことに価値を感じない人は、、一生時間労働から抜け出せない。

 

これってブランドの話にも通じて行きます。

また書き出すと長くなりますが、昨日のNに対してもっと自信を持ってもらいたかったこと。

 

最近やたらと消費税UPの件で、企業がひたすら「値引きキャンペーン」「値段据え置きキャンペーン」をやっていることも目立ちさらにそう思いました。

教材にも少し触れますが、やはりこれからは個人、もっと言うと個人ブランディング、キャラクタービジネスを学んだ人がかなり成功して行きます。

何かの歯車じゃなくて、個人のオリジナリティの時代。

 

そこで重要なのは、ブランドと簡単に自分を卑下しないこと。

 

異性を口説く時に、自分の嫌なところを見せますか?

面接の時に自分の嫌な部分を見せますか?     てな話です。

 

嫌な部分、劣っている部分は自覚しながら改善して行くことが重要ですが、それ以上に自分の素敵な部分にもっともっとフォーカスして成長して行きましょう。

凄くそういうことを小玉歩から学んでいるような気がします。

 

ブランド論というと大袈裟で、しかも膨大な範囲のことをさすので、なかなか学ぶのは大変ですが、第一歩として、僕が勧めるのは、

 

「値引きしない。自分を卑下しないでどう売り込めるか?」

 

値引きするくらいなら、コンテンツを増やす。
値引きするくらいなら、サポート体制を強化する。

 

凄くこれから個人で戦う意味で重要なことを知る・学ぶことです。

「世界一ずる賢い価格戦略」 ダイレクト出版社

 

ちょっと前の本ですが、凄く勉強になります。

ドストライクでは無いのですが、上記に言ったようなことを向き合っている本です。

是非、これから個人で戦う!という気持ちがある方は全員読んで欲しいです。

 

ちなみに、ダイレクト出版を読まれている方なら分かるともいますが、とにかく海外の新しい新書をどの出版社よりも早く持って来ることを意識しているので、ぶっちゃけ、翻訳はイマイチです。

通常の本より読み難い。

 

そこでのコツは、止まっても読み進めることです。

1文1文 理解して読もうとすると時間もパワーもかかります。

だったら、ぱーーーと読むのを2回やった方がいいです。

 

新書じゃないですが、ブランドや個人で稼ぐ!というテーマにおいては、凄く大事なテーマであるので、思い付いたようにアフィリエイトです。

 

それでは、、今日もまたまた長くなり、書き出したら予定時間大幅に超えてしまいました。

なんか異常に気合い入ってしまいました・・・

 

では、、また今週の頑張りましょう!

 

ユーチューブ最速攻略講座

 

KOI公式メールマガジン