僕が這い上がれた理由【其の壱】


僕が這い上がれた理由【其の壱】

 

 

ここ最近また良く聞かれるようになりました。





「どうやってそんなに早く復活できたのですか?」



「サラリーマン解雇された後、転職の選択肢は無かったのですか?」



「成功の要因は?」





個人的にはまだまだ成功には程遠いと思っておりますが、また最近こんな話をする機会が増えました。



2017年は「会う人」を広げてますから、しようが無いっちゃ、しようがないのですが、



(それにしても昨年2016年はマジで会う人を限定してたな~と。)



同じような話を何度もするのはやっぱり……





なんですが、やはり定期的に過去の自分を振り返ることは、明日への活力になりますし、忘れていたりすることもあるので



いつまで続くか分かりませんが、



「僕が這い上がれた理由」シリーズをやっていこうかなーと。



このシリーズは、



「MR.KOI流 サラリーマン道場企画」以来かもしれません 笑





それでは参りましょう。





先ず色々考えたのですが、



「組織に守られている幻想」から目を覚ますことで僕のRe-Startは始まります。





「クビ切られたらどうしよう……」

「組織に見捨てられたら……」

「上司に嫌われたら……」



幾らこんな性格の僕でも13年間はそういう見えない恐怖に怯えておりまして……





その見えない恐怖が突然現実となった2012年8月24日。



結論、、



「組織に守られている安心感」



というのは幻想であり、日本社会全体から来る洗脳であったことに気付きます。





多分このメルマガを読まれているたくさんの方が、その見えない恐怖に怯えていると思いますが、



まー こう言っちゃ元もこうもないんですが、組織に守られているとか、組織から見捨てられたら生きていけない……





そんなもんは「幻想」です。





なんとかなる! です。



現に僕がそうですから。





・・・大丈夫か、、この企画?…汗





ただ、そうは言っても不安はありまくった訳でして。。。





で、



今振り返っても、あの決断が最高のスタートを切れた一番の理由だと思うのがあります。





それが、





「人間関係断捨離」





過去の携帯を捨てるところから始めました。





そして新しい携帯番号をGETするも、なぜかその番号が前の会社の上司にばれて





「これが三浦の新しい電話番号だ。

 かかってきても絶対に取るな。

 話したらお前らもクビだ。」





的なメールが部署内100人くらいに届いたそうです。





これ、、完全に脅迫ですが なぜかその文面は僕持っているので、何かあったらそれで戦おうと思います 笑





それはそうと、、



そんなことしなくてもこっちから、すべての人間関係を断捨離するのは決めておりまして。



なぜならば、



「ドリームキラーは身近にいる」



と、なんとなく本能的に感じたのと、



「過去の人脈に頼っていたら成長はない」



という確信を持っていたからになります。





前職時代の最後の方は、ぶっちゃけ人間関係が広がりまくって、、

なんていうか、なんでも出来る!と思っておりました。



(人の力を借りてですが)





例えば、、



・映画を作りたい!と思ったらこの人に相談



・久しぶりにパリに旅行行くならば現地のこの人に連絡



・◯◯のコンサートチケット手に入れたかったらこの人に相談



・急遽出張になって博多の旨い店、ホテルの相談はこの人



・出版を考えたらこの人





などなど・・・



だからある程度仕事が回ってきたときに、何度もこの心境に陥りました・・・





「あの人に電話したい。。。」





でも、そこを踏ん張れたのが今の僕があるような気がします。





なんか脱サラしたのに結局前の人脈だけで仕事している人をたくさんみかけますし、リクルートなんて起業を勧めた後も仕事を斡旋してくれるので



なんていうか



「同じような仕事を環境を変えてやっているだけ」の人が思いの外多い感じがします。





別にそれでも良いという人がいるかもですが、僕がやっていた広告代理店の仕事なんて、かなり規模も必要としているし個人でやれる限界がある。



だから結局は



「新しいこと」にチャレンジしなきゃとは考えていました。





だけど、この前ある人から言われたのですが





「三浦はサラリーマン時代の企業へ提供していたサービスを

(マーケティング・ブランディングなど)



 個人に落とした活動に変換させただけ。



 だから大きくはやっていることは変わらないんじゃない?」



と。





なるほど、、そういう見方もあるか・・・





でも、話を戻しますし繰り返しになりますが、昔の人脈に頼っていたら今の僕はない。



ただ不思議なことに「0」から始めたつもりが、



来週もラグビー部の同期とまた集まりますし、先日もA君・B君も会ったし、友人のコンサート集客の仕事も来たし、



ここでは話せませんが昔仕事していた会社で、売上に困っている数社から相談が来たりしております。





でも、これ、、



あの時に頼っていたらなかったこと。



一人で立ち上がる!と決意したからだと思う。





今、僕はたくさんの人に囲まれております。



助けられております。



一人でやれる限界を感じております。





ですが、ある時期は



「1人でとことん突っ走る」



ということが必要なタイミングってあるような気がしてならない。





「自分だけで」という意識って凄く重要で、こんなIT音痴の僕ですが、最初は自分でWordPressの設置とか死ぬ気でやりました。



ドメイン・サーバーとか意味不明w



今はそういう仕事を人に任せますが、一度でもやったからこそ指示できたりすると思います。



すぐに外注化を考える人も依存体質。



外注化とは、本来自分のからだがもう1個あったら自分で出来ることを、時間がないから人に任せるという発想だと考えます。



外注化したアウトプットを見て



「なんでこんなのしかあげれねえんだ!」



というのはアホの極致だ。



そんなのはお前の指示が悪い。





結局、自立できてない、いつまでも昔の人脈や他人に依存している人に大きな成功はないと思います。





その「自立」というか「孤独」に向き合えた自分がいたから今があるように思います。





・・・て言いながら、新しい人脈だと信じて騙された話は内緒w





それも結局は依存体質の弱さからきた末路であり、全部は自己責任です。





いや~~





なんか、振り返るのつれえ・・・笑





だけど、僕の経験、いや僕だけの経験を皆さまにシェアすることで何かしらの活動にヒントを与えられれば幸いです。







ではでは





 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Koi Miuraのさらに濃厚な情報をメールマガジンで配信中!

無料ですのでお気軽に登録下さい ⇒ 登録はこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です