依怙贔屓な社会で生き抜く為に

 

「今日の発信は何のテーマにしようか〜?」

 

朝起きたら僕の1日はここから始まる。

 

「最近、方向性を変えて好評だけど、もう少しネットビジネスよりにするか・・」 とか、

「夢ノート値引き事件の結末、、何人か気にしているはず・・・それを書かなきゃ」

 

なんて今日は思ったけど、やはり、どうしても自分が1番気にしていることを発信したくなる。

 

それが、ステップメールじゃなくて、リアル発信の魅力ではあるのだが…

 

「1番気にしていること=NBGCでの成功と教え子達の成功」

 

どうしても、この話が多くなるのはしようがない・・・お許しを。。。笑

 

毎日配信しているメルマガの話だけど、去年の8月、たった20名様くらいのお客様から始まった僕のメルマガも、今や1,000人を超える規模になってきた。

 

しかも濃密な1,000人。

それなりのMEDIAと言っていいと思う。

そりゃあ、小玉歩の20万人に比べたらまだまだであるが、僕自身、なんというかとても感慨深い。

 

久しぶりに調べてみたが、300名様くらいは、僕の発信が気に入らず去っている。

 

・・・たった300名様か・・・

 

これが強がりでもなく、正直な本音です。

こんなに暑苦しく、尖りまくっている発信でも、たくさんの人が楽しみにしてくれているのは本当に嬉しい。

 

ちょっとだけノスタルジーな気分になりながら、今日のテーマに入らさせて頂きます。

 

▼ 情報発信のススメ

 

僕が今所属しているNBGCというコミュニティ。

小玉歩主催のインターネットというメディアを駆使して、精鋭ビジネスマンを創出する場。

「稼ぐ」という誰もが本能的に求めている行為なのに、世の中では、未だに、稼ぐ=悪 という化石のような連中が多い中、真正面に向き合っている素敵な場。

 

7月から第2期が始まっているが、300名という大きな集団の中、僕のコミュニティは40名で始まっている。

そこに、昨日、「爆弾」を3発くらい投下しました。

 

「なぜ20日しか経ってないのにもうROM専?」

「ダイレクトチャットでは話ができて、公の場では発信できない奴は、情報発信で稼ぐ事は無理」

「人生変えたくて、30万円も払っているのに、なぜやらない?」

 

要約するとこんな感じ。

多分、1期からの継続組は、こう思ったはず…

 

「あれ?三浦さん、、原爆落とすの、いつもより早くない? 笑」

 

僕は定期的に、叱る。怒鳴る。

だって成功して欲しいから。

 

だけど、半年の長い期間でのサービスに対して、たった20日間しか経ってないのに、、もう原爆?

きっと、本音でしょう。

 

その理由を申し上げます。

 

それは・・・

 

 

「2期の小玉歩の本気度がヤバいから。」です。

 

 

明らかに、1期の時に比べ、彼のスイッチの入り方が2期は尋常じゃない。

きっと想像するに、要因はこんな感じでしょう。

 

■1期 ⇒ 2期と 普通に組織自体レベルアップしている。

 

⇒ 組織として進化し続けている。まあ、これは当然。

 

■ 1期はなんだかんだ小玉歩1人の孤軍奮闘だったが、2期はそれぞれのアフィリエイターがしっかり指導していて、彼自身、教育のレベルを上げれる

 

⇒ 場の空気にあわない発言や失礼な言動に対しては、僕や甲斐ちゃんや大輔、、その他指導する人が増えて小玉歩は、高度な指導だけ出来る環境になった。

 

 

そして、これが1番の理由 ↓

 

■ 「情報発信者での成功者を大量に輩出したがっている」 ですね、間違い無く。

 

NBGCに所属してなくて僕とFacebookで繋がっている人は、ここ数日、僕や前村、英広やヒロキ、横山ユキやマサの動画のシェアを見まくったはず。

 

あれは実は小玉歩の指示です。

動画を観て、感想をアウトプットして、シェアしろ。というもの。

 

インターネットMEDIAビジネスをやられている方、多分これは雑感ですが、70%〜80%は「物販ビジネス」だと思います。

 

ヤフオク・セドリ・ebay・Amazon・BUYMA…

 

その他多いのは、Twitterアフィリ、Youtubeアドセンスでしょうか。

 

実はこのどの稼ぎ方も、インターネットビジネスでの最大の魅力、レバレッジを効かせた稼ぎ方じゃない。

 

やはり、圧倒的な作業量=対価 慣れてきたら、外注。

 

実はこれは美味しく無い。

 

それを体感している小玉歩だけでなく僕もやはり皆さまには、情報発信をして最終的には、メルマガアフィリエイト、ファンビジネスの方向に行ってもらいたい。

 

じゃないと、実はこのビジネスの最大の歓びは得られない。

僕は、この業界に参入して1ヶ月半でYoutubeアドセンス36万円行ったけど、その2ヶ月後にはメルマガアフィリエイトで100万円達成している。

あのまま、Youtubeだけで行っていたら多分無理だった。

 

そのYoutubeアドセンスでの稼ぎ方や、僕自身のキャラクター、僕自身のビジネス感を発信し続け、たくさんのファンをつくって得た実績が100万円という形で現れた。

 

そのレバレッジの効いた稼ぎ方を小玉歩は300名の生徒に、いち早く体現してもらいたいと強く願っている。

 

だから、あそこまでやらせる。

そして実はFacebookでやらせているのに意義がある。

 

これはどこかで発信したが、僕は広告代理店時代はひたすら4マス媒体でビジネスを行っていた。

 

4マスメディア = テレビ・新聞・ラジオ・雑誌

そしてなぜか、インタラクティブ局・Iメディア局、、名前はしょっちゅう変わっていたが、インターネット部門はかなり窓際。

優秀な、人材は間違い無くその部署には行かない。

これは、先日電通の奴に聞いても未だにそのようだ。

 

どうやら、電博はもうこの分野での独自の戦略は諦めていて、逆にサイバーエージェントや外資系のIT企業との連携でなんとかしようとしている。

 

少し、話がずれたが、その両方を学んだ僕から言わせてもらうと、今のメディアのパワーはこうだと思う。

※メディアのパワーとは世の中に与える影響力ともお考えください。

 

テレビ > Facebook > Youtube > 新聞 > 雑誌 > ラジオ

 

つまり、Facebookでシェアさせるということは、今のうちに影響力がデカいFacebookの媒体を大きく・強くしろ、ということ。

全員のシェアに小玉歩は「いいね!」を押している。

これはかなりトラフィックつうか、拡散能力はデカい。

そこでセンスのある発言や発信でファンがつく可能性が高い…そういうことです。

 

ちなみに、僕はその流れを読んでいたのもあるから、ここ最近、Facebookは毎日投稿している。

 

毎日、友達申請の嵐です。

 

なぜ、やらせるのか? どんな意味があるのか?

 

皆、考えが浅い。

 

まあ、それをフォローするのが僕の役目ではあるけれど、もう少し俯瞰で物事を見るとビジネスはもっと面白い。

 

 

▼ 依怙贔屓な社会で生き抜く為に

 

「生まれながらに金持ち」

「親がたまたまアメリカに転勤になったから英語ペラペラ」

「スピード違反でも警視総監の息子はいつもセーフ」

 

まあ、これは行き過ぎな事例だけど、世の中「依怙贔屓」というか、僕らにはどうしようもない、クラスター階級社会であることは事実。

それを向き合って、どのように自分のパフォーマンスを発揮するか?

 

2013年7月〜 12月の小玉歩 半年コンサルで、確か最終的には6人だったかな?

僕は圧倒的に「依怙贔屓」された。

多分、周りはそう思っているでしょう。

だけど、近場にいた、まさか王や横山ユキ、坂本はその理由が分かるはず。

 

「なるべくして、依怙贔屓された事実」

 

なぜ、ここまで引き上げてもらったのか?

 

それをお伝えします。

きっと、色んな意味で色んなビジネスで役立つと思います。

 

■第1ステージ 圧倒的な作業量

 

小玉歩が最初僕のことを認めたのがこれ。

毎日皆、日報を提出するんだけど、間違い無く僕の作業量は異常だった。

 

彼が言うには、皆の「6倍」やっていたようです。

 

あのですね〜〜楽して引き上げてもらおうなんて甘いんですよ。

 

死ぬ気でやりました。僕は。

 

そして「懸けた」。

 

Youtubeアドセンスにチャレンジしたとき、実はミーハーな僕が、少しだけ迷った事があります。

 

乃木坂46とある食品メーカーの企画をする仕事が来ました。

乃木坂46は友達が受けて最終で落ちたことや、秋元康との仕事ができるかも?

そして、多分50万円くらいはフィーとしてもらえるはずでした。

 

だけど、すんごくやりたかったけど、断りました。

「今は、Youtube研究だ。じゃないとまた昔の人生のまんまだ」と。

 

そのくらいの「覚悟」を持ってこのビジネスに臨んだんです

 

■第2ステージ 圧倒的なコミュニケーション

 

「なんなんですか? 三浦さん??」

「意味分からないんですけど?」

「大企業病っすね」

 

何回、怒られたかな〜 笑 なつかしい。

 

怒られる? 関係無く無いですか?

指導ですよ、指導。

 

それでもくらいつく。学ぶ。知識を盗む。

 

当時は毎日、朝の5時迄チャットっす。

情報発信者NO1の人と毎日チャットしてたら、そりゃあ伸びるよ。

 

 

■第3ステージ 結果に拘る 結果を出す。

 

圧倒的な作業量、コミュニケーション、、それだけやっていても、師匠と生徒の関係は変わらない。

 

ここで、実績を出すこと。

ネットビジネス初心者がたった4ヶ月でメルマガアフィリエイトだけで100万円、半年で400万円。

 

これで、初めて師匠に恩返しできる。

 

ちなみに、この実績はゴールデンクラブのレターにも、ガンガン使われている。

 

先生=小玉歩 の財産にもなる。

 

これが、僕の依怙贔屓な半年です。

いかがでしょうか?

 

「飲んでて楽しい」
「カラオケが楽しい」
「趣味があう」

 

そんなもん、いらない。必要無い。

そして、この第3ステップを踏んで、あのモンスタークラスの、鈴木英広もやっと僕を認める。

 

そして今度は鈴木英広が僕に依怙贔屓する。

 

そういう世界です。

 

「ビジネスは結果がすべて」

 

皆、分かっていると思うけど、結果を出す為にやるべきことは?

 

今、自分はどんなステージなのか?

 

どのステージでも、僕は引き上げる。

 

それが、彼から受け継いだ指導法ですからね。

 

PS

 

依怙贔屓されやすいタイプはこれです。

 

■ 存在感がある人

■ 実績がある人

 

実績が無い人は、どのようにして依怙贔屓してもらいたい人に、存在感を出せるのか?

 

そういう考え方もありかもしれません。

 

 

 

 

KOI公式メールマガジン