【本物+エセ】 どの業界にも当てはある理論じゃい!

 

いきなりですが、僕は去年の7月からインターネットMEDIAビジネスに参入させて頂きました。

 

最初から堂々と「顔出し」+「本名」。

アングラなイメージとか全く気にならなかった。

だって、、悪いけどちゃんとしたビジネスだもん。

中にはダメな奴もいるけど、それはどこの業界も一緒。

 

「聞き流すだけで英語がペラペラに!」

「このコースだけで誰もが東大!」

「これだけで、−10kg!脅威のダイエットDVD発売!」

 

・・・こらこらこら。嘘付くなよ。

僕は何人かは知っていると思うけど、英語マニアだし、ダイエットマニア。

勉強も大好き。

こーーいうエセ教材、よく出会いました。

 

どの業界も一緒。

だけど何故かインターネットビジネス=稼ぐ系だけがいつも厳しい目に。

それはきっと人間の1番の本質的な欲求=稼ぎたい! というテーマに向き合っているからでしょう。

 

その話は置いておいて。

とにもかくにも重要なのはどの業界も人だけでなくサービスも「本物とエセ」は存在します。

それを見極めることが重要。

 

ただそれだけ。下らない周りの評価で怖じ気づく暇があったら、「本質」を見抜くスキルだけを磨きましょうぜー

 

PS 写真は今、最も俳優で「本物」の西島秀俊で 笑

 

 

KOI公式メールマガジン