イチイチ慌てふためくな!!

 

▼ 時にはロボットのように…

 

昨日、仕事を終えて下北沢でいつものメンバー、、

佐藤さんと富松と、お好み焼きを突っつきながら話して思ったことをちょっとだけ…

 

「イチイチすべての事象に慌てふためくな」ということ。

 

ちょっと抽象的なので事例から…

 

今、僕のコミュに森ひかるという女性がいる。

負けず嫌いで、努力家で、主婦の仕事とネットビジネスを両立させるパワフルウーマン。

いつも笑顔で、飲みの場でも周りを盛り上げていて、中国輸入やOEMで実積を上げるも、彼女の向上心は止まらない。

 

だけど、、こいつ、、、

 

すぐに「凹む」。すぐに「いじける」。

 

最近、ある教材を渾身の想いでセールスをしたが、正直、満足の行く結果が出なかった。

 

その瞬間、、

「私には、人の心を動かせる能力が無い。。 このビジネス、、向いていない…」

 

・・・おいおい、、、

 

お前は、ひなたか!? 野崎か!? はなちゃか!?

 

・・・失礼致しました。。。

というのも、彼女らも全く同じ思考プロセス。

1つの事象で慌てふためく。

分析して次に繋げればいいが、すぐに結論づける。

 

女性にありがちな、すぐに悲観的になり、結果が出ないと

「私には向いていない…」と、世界の終わりのような声を出す。

 

たくさんの女性を指導して来たから分かるけど、どうやら共通点のようだ。

(英語の横山はちょっと違う。あいつはモンスターだから置いておこう)

 

だからこそ、あまりこういう言い方はしたくないけど、この業界の実力者の男性は女性をあまり指導したがらない。

やはり女性にはキツイ言葉を懸けにくいし、男性よりはやはり難しい…

(僕はパワハラまがいに、罵声を浴びせまくるけど…)

 

ま、前いた会社も基本は同じですね。

男女平等と騒がれているが、世の中そんなに甘く無い。

 

だけど、これまた何回も発信しているが、僕は女性を指導するのが凄く好きだ。

理由はこれ ↓

 

・素直

・ネットビジネスに対してのアレルギーが少ない

 

この2つですね。

マインドシェア的に、

 

■ 本業 > ■ 副業=ネットビジネス

 

のサラリーマンが多い中、彼女らは

「資格も能力も無い私らのような主婦は、パートくらいしか出来ないと思っていた。

だけど、パソコンを使って、しかもインターネットという最新のMEDIAを使って、ビジネス出来るなんて最高に幸せです。」

 

このような気持ちをもたれると、本業をメインにしながら、

「上手く行けば、稼げそう。楽して稼げそう。」

そんな中途半端な男性より100倍指導しがいがある。

 

彼女ら全員に言いたい

 

「イチイチ、ちょっとした結果に慌てふためくな」

「時には、無感情になって淡々と作業をする日だってある」

 

女性はやはり感情の生き物。

男性と違ってビジネスに対しても、感情を持って行き過ぎる。

時には、ロボットのように「淡々」とこなすことも必要だと思う。

 

今、あなた達は世の中に試されている存在なんだと僕は強く想います。

 

理由は、

やはり少子化・高齢化が進む中、女性がビジネスするニーズは広がるばかり。

それはキャリアウーマンだけのことを指していない。

 

家庭を守り、子育てをしながらも、ビジネスをするあなた達のような存在は、どんどん貴重になって来ます。

 

女子大学生の1番の悩みは、

「結婚して,子供を産んだら人生終わり」

そう思っている女子大学生は凄く多い。

(ここは、かなりビジネスチャンスがある市場です)

 

そう悩んでいる学生が皆、走るのは

「英語」

英語をやっておけば、何かあっても職に困らないだろう…ってね。

 

そんな彼女らの希望の星になれるのはあなた達です。

 

■ 学校卒業

■ 社会人の経験

■ 運命の人に出会って結婚 ⇒ 出産

■ 旦那の帰りを待ち、テレビを見る生活

 

希望を持てない女性はとても多いです。

 

そんな中、気が強過ぎるけど(笑)

花井志穂の方が道筋を提示していると思う。

 

「輝く女性」

 

その道標になるべく、引き続き頑張ってください。

 

イチイチ、1つの事象に慌てふためくな

 

以上です。

 

PS

 

森ひかるに指導している中、昔の富松のセールス原稿見たけど、、

なんかキレキレだったなーー

 

僕もそうだけど、人はすぐに守りに入る。

定期的に昔のギラギラしていた時の原稿を、僕も見返そうと決意しました。

 

やはり、定期的に振り返ることは重要ですね。

 

KOI公式メールマガジン