「プロ」と「プロ意識」の違い。

 

2週間前くらいの話しを1つ。

ここ3ヶ月、何よりも情報発信が増えて、徐々に昔の人間に僕の活動がバレて来ました。

 

最初はメインのコンテンツビジネスの裏でやっていたのですが、まあ仕方が無いです。

今思うと、なんで最初あんなにコソコソやってたのか?

きっと自信がなくて、ダサい所見せたくなかったのでしょうね。

 

かっこわる。

 

そうすると、次に来るのは「相談」です。

 

「三浦、、ちょっと相談あるんだけど、確か三浦のOffice、◯◯界隈だよね? 今から行っていい?」

と大学の友達だということで、ノーアポの突貫アポイントが入りました。

 

彼の職業は大手、製薬メーカーの営業。

毎日病院廻りで、医者に営業をかけている。

看護婦の婦長さんに差し入れを買いながら。。

 

凄く出世コースに乗っていました。

彼が壁にぶつかったのは、、これ、皆さん知ってますか?

 

「2012年4月から、医薬品業界が製薬会社の医薬情報担当者(MR)の接待費の自主規制始める。」

という記事。

 

驚きますよね?自主規制しなきゃならないほど、医者への製薬会社の接待は、普通だった。

 

僕の友人は本当に気さくで楽しい。

つまり飲みニュケーション営業。

飲んで飲んで飲んで、気に入られて仕事を取って、凄く結果を出していた。

 

「三浦、あの規制後、飲みに行けなくなって、全然営業が出来ない。

三浦、インターネットを使って、、」

 

おいおい、ハチャメチャ過ぎるだろう。。

困ったら、すぐにインターネットって。

 

ただ最近色んな企業のコンサルをやっていて思うのは、組織で働いている人達のレベルの低下を痛感します。

だから、全然慣れてて、逆に医療業界が気になって色々聞いてみました。

 

三浦
「お前が扱っている、商品って競合他社と比較して何が売りなの?」

 

友人
「いや・・・そんなに大差ないんだよね。。。

ただ、内の会社は歴史があって、業界◯位だし、信頼がある。」

 

三浦
「外資とかは?俺、最近よく聞くけど、その業界の外資事情ってどう?」

 

友人

「なんか元気みたいだね。

でも、最終的には内の会社のような企業が。。」

 

三浦
「例えば、ネットを使ったらどうやって活用するの?

今の医者以外の新しい医者とかにアプローチするの?」

 

友人
「それを三浦と一緒に考えたくてさ!!」

 

これ、冗談抜きで本当の話しです。
これが一流大学→一流企業 の30代半ばの事実です。

 

だからですね、学んだ人は勝つんですよ。

僕は最終的に、1時間くらいはこんな話しを付き合って来たけど、絶えきれず、最終的にはぶち切れました。

 

「お前,プロ意識無いの?薬のプロなんじゃないの?

そんなに医者って偉いの?

確かにお前は手術や診察は出来ないけど、薬の知識はプロだよね?

だから医者はお前から薬の情報を聞いて、買うんじゃないの?

 

それと、ネットを簡単にそうやって扱うのやめてくれない?

困ったらネットネットって。

俺が今、全身全霊をかけてやっているビジネスを軽視しすぎ。

 

ふざけろ。」

 

なんで、あんなに感情的になったのか?

よく分かりませんが、、、はは ガキだなー俺。

 

何よりも彼の「プロ意識」のなさに一番腹を立てたような気がします。

 

今,僕は入っている生命保険を他に変えようと思っております。

※メルマガの読者さんで確か保険関係の方、いらっしゃったと思うんで、なにかいい情報があれば!!

 

その担当の人なんですが、元会社の先輩。

だから付き合いで入ったけど、今じゃ関係無いし。

 

何よりも、「三浦〜飲みに行こうぜ〜〜それとプランもう少し上げない?」

 

飲みに行く=奢ってもらう

その代わり、契約プランを上げる→結果、彼の成績になる。

 

別に契約プランを上げてもいいけど、

 

「なぜ上げる理由があるのか? そうすれば、どういう未来が待っているのか?」

 

それを知らずに、上げるか!ってな話しです。

 

先輩、上司、関係無いよ。

そこは、「お客まさ」の関係だから。

 

だから、プロ意識を持って接して欲しい。

 

「プロ」になるのは、大変。

多分、どの業界で成功している人、誰に聞いても、本当の素晴らしい人は、

 

「僕はまだまだ◯◯ビジネスのプロじゃないで〜す。 まだまだで〜す」

 

とか明るい感じで応えるでしょう。

 

だけど彼らの「プロ意識」はハンパ無い。

 

結局、意識の問題なんです。

 

「プロ意識」=それに全身全霊をかけている  ことだと思います。

 

友人も先輩も、全くプロ意識が無い。

ただテキトウに、仲良くなって売る。

 

そこに未来はありません。

 

僕以前話しましたが、TOEIC260点から850点まで1年間で上げました。

 

でも、TOEICは990点満点。

僕には上がいる。

 

もっと言うと、TOEICの点数がなくても、僕よりも英語をしゃべれる人がいる。

 

だけど、僕は

 

「TOEICのプロ」

「TOEICの点数を最速で上げれる方法を知っているプロ」

 

という意識を持っています。

だからなのか、僕の100枚の

 

「海外経験0の男が、1年間で260点から850点に上げた話」

 

の無料レポートを読んだある団体から、

 

「三浦さん、TOEIC講師して下さい」と言われております。

 

僕よりも、点数を持っていたり、英語を話せる人が多い中、僕が選ばれた理由

それは単に、そのレポートを「プロ意識」を持って書いた他ならない。

 

自分よりも「上」がいる。

 

関係無いです、そんなの。

 

如何に自分が全身全霊かけてそれに打ち込めるか、そして「プロ意識」を持てるか。

それに尽きると思います。

 

英語、ダイエット、モノづくり、ネット、プレゼン、占い、店長、医者、弁護士、営業、宣伝、デザイン、動画、Youtube、ブログ、Twitter、絵画、音楽、恋愛、ボランティア、、

 

あなたはどんな領域で「プロ意識」を持って活動してますか?

 

全身全霊、何もかも忘れて没頭しているものありますか?

 

ちなみに、僕は当然、Youtube研究と、コンテンツビジネスと、情報発信、メルマガ、広告、インターネット全般と、コンサル、、と

 

とにかく、「プロ意識」祭りです!!! 笑

 

 

 

KOI公式メールマガジン