なにを持って怪しいのか? ・・・それは自分の問題だ。

 

僕は自分の中で整理が付いているし、このビジネスに感謝しているから何とも思わないが、、

指導する中で「家族の協力が得られない」「周りから怪しいと言われる」と言い訳して、何もしない人が異常に多いのが気になる。

なにを持って怪しいのか?

そして、そういう突っ込みに関して、しっかりと反論できない「本人」が後ろめたくやっていることが問題だと最近凄く思う。

 

少しだけ今日はそんな話を。

 

確かに「Infoビジネス」は少しハードルが高い。。。

だけど、これも僕だったら幾らでも説明できるけど…

 

とりあえず今日は人気の2つのジャンルを。

 

■ Youtube

マスメディアが失墜している中、SNSを中心に個人MEDIAが台頭している今の時代。

数々の企業がYoutubeというMEDIAに未来を感じ広告投資を年々増加させている。

 

何よりも重要なのは「個人がつくる良質な動画CONTENTS」。

 

僕らは皆、凡人だから、ヒカキンみたいな奇抜なチャネルは創れない。

 

だったらどんな動画が人気なのか?

お客様がどのような動画を求めているのか?

 

リサーチしてモデリングして動画を作り、その動画が面白い!と思って見てくれたお客様が増えて、、

その対価としてお金を頂いて何が悪い?

 

今、Youtubeに広告出稿している企業は名だたる企業だ。

 

・・・ん?

誰か説明してください。

何が怪しいのか?

 

■ BUYMA

Youtube と同様、ここ最近TVCMを始めたBUYMA。

 

海外でしか手に入らないアパレルグッズを欲しがる人は多い。

 

しかも、少しでも安く…3週間・1ヶ月待ってでも買いたい人が多い。

 

その人の代わりに、リサー チして提供して買い付けして、、

その分対価を頂いて何が悪い?

BEAMSのビジネスモデルと何が違う??

と、僕だったらすぐにこう説明する。

 

一番「怪しい」のは、そんなビジネスモデルも理解せず、ただただ 「稼がせます!」「僕に任せてください!」と言って、何もフォローしない、売って終わりの金の亡者だ。

 

全員が全員じゃない。

しっかりやっている人に失礼すぎる。

 

・・・でも、まあ社会的に厳しいのも分かる。

 

だけど、もしこのビジネスに何かしら未来を感じて寝ずに やっているのならば、、、

せめて自分の身近な人・大切な人達だけにでも、最低限、心を込めて説明して もらいたいと思います。

 

なんども言いますが、僕はこのビジネスで救われました。。

死なずに済んだ。。。

 

だからたくさんの人に このビジネスの素晴らしさを分かってもらえるよう、1人でも多くの人に伝えるのが「義務」だと考えて います。

 

ではでは

 

ユーチューブ最速攻略講座

 

KOI公式メールマガジン