新入社員の気持ちで。

基本、土日はなるべく打ち合わせを入れたくない僕。

 

サラリーマン時代は土日もクソもなかったので、せめて今はそこは死守したいところです。

 

 

優秀な人や成果を出している人の多くは

 

「ONとOFFの切り換えが上手」

 

という方ばかりです。

 

仕事するときはとことんやる、、

遊ぶときはとことん気持ちいいほど遊ぶ。

 

サラリーマン時代も今も変わらぬ原理原則だと思います。

(どうでもいいんですが、原理原則という言葉って使いやすいな~)

 

 

サラリーマン時代は土日は余り関係なかったとはいえ、家に戻ったら死んでも仕事はしたくありませんでした。

(でも、携帯電話は鳴りっぱなしでしたが……)

 

とりあえずパソコンを持ち帰ったり、家のパソコンで何かやることは絶対にしないと決めてた次第です。

 

 

ですが、今のスタイルになってから、飲んで帰ってもとりあえずパソコンは立ち上げないと気が済まない。。

 

だから家に帰ったら「OFF」という概念がなくなった。

 

その代わりに土日死守、、としたいとろですがどうも上手く行きません。。

 

 

ワーカーホリックにはなりたくないので、何かしら自分らしい

 

「ONとOFFの切り換え」は引き続きトライしていこうと思います。

 

ですが今日はどうしても打ち合わせは避けられませんでした。

 

なぜならばお客様が「公務員」でありしかも東京から少し離れた郊外に住まれてますので、平日に時間を取るのはかなりしんどそうだからです。

 

なのでさすがに土日の打ち合わせにしたという経緯です。

 

 

このKさんは、凄く頑張り屋さんです。

 

僕よりも年上でさらに公務員という安定した職業、そして管理職に人よりも早く出世しているので、

 

なんつうか

 

「副業」なんてやる必要ないのでは?

 

とも思ってしまいます。

 

 

ただ、今日は会うのは3回目くらいなのですが、彼の本音を初めて聞けました。

 

・もちろん稼ぎたい気持ちはあるが、それ以上に今の現状に不満だらけだ

・このまま終わりたくない

・周りの同僚みたいになりたくない

 

そうやって数年前からネットビジネスを副業として始めました。

 

 

こんなに世の中、副業ブームにも関わらず、そこはさすが公務員。

 

「完全副業NG」

「少しでもばれたらクビ」

 

という厳しい状況にも関わらず成果を出しているのは単純にカッコいい。

 

 

大半が流されるまま目が死んだ状態で生きている中、現状打破すべく努力しているKさんは尊敬に値する。

 

 

こういう属性の方は過去にもたくさんいらっしゃいました。

 

・高学歴

・エリート

・安定

 

とはいえ、現状に満足してないからネットビジネス副業の方。

 

正直いうと、こういう方って稼げないんですよねー

 

 

共通して言えるのは、

 

「口ばっか」

「下らないプライド」

「行動しない」

 

という方が多いんです。

 

 

なぜだからは明快でして……

 

ある程度の企業でその年になると結構な仕事を任されたりするもんです。

 

だから今さら、

 

ブログを0から立ち上げたり

拙い動画を作ったり梱包したり、

SNSでダイレクトメッセージ集客とか

 

アホらしく感じるんだと思います。

 

 

新入社員の時は皆、コピーから始めたのに。。。

新しいことを始める時に誰もが通るコースをなぜか、このネットビジネスでは忘れる。

 

多分、舐めてるんだと思います。

 

その先に明るい未来が待っているのに。

 

 

ま、そこを一々突っ込みませんが。

(しっかりと地に足を付けた方だけと向き合います。)

 

 

だけどKさんは違う。

 

それまでもいい感じで活動してたが、僕と出会ってドライブが懸かり、、

 

いや、懸かりすぎて、、、

 

先日の面談をキャンセルしております。

 

 

原因は、過労による急性胃腸炎で入院……

 

今時、珍しいくらいの努力家だ。

 

最初の印象で、

 

「この人とはゆっくりやろう」

 

と思った自分に、ごめんなさい……汗

 

 

今日、急遽方向転換して11月に山を持って行ったので、11月の実績を楽しみにしててください。

 

 

Kさんは違うけど、Kさんみたいな属性の方の気持ちって分からなくもないんです。

 

 

だいたいコンサルを受けるにしても年下ばっか。

 

もっというと自分よりも学歴がなかったりする人の方が多い。

 

 

だけど、やはり新しいことをやるには、会社の経験とか学生の経験って関係ないところもあって、

 

「教えを請う」

「頭を下げる」

「怒られる」

「怒鳴られる」

「バカにされる」

 

ことって多いです。

 

 

だけど、そんなもんは一瞬です。

 

そこは思い切って耐えて最後に勝てばいいと思って欲しい。

 

 

そんな下らないプライドはとっとと捨てて最後に成果を出せる人間が、最高にプライド高い人間だと僕は考えます。

 

先日開催させて頂いたイレギュラーのグルコンに参加してくれたH君も、やっとスイッチが入ってくれました。

 

一橋大学 ⇒ 某有名コンサルティング会社 ⇒ ベンチャー系 ⇒ 商社

 

と、肩書きだけ見たらハンパないですが

そんなのは表層的であり実際は悩みが深い……

 

 

H君はKさんを見習って、とやかく考える前に行動っすね!!

 

 

5WHYをやってくれた後、いい感じでマインドセットされているようなので

 

後は吉報をお待ちしております。

 

 

H君は恥ずかしいと思うが、このメルマガ読者様にも多い

 

「頭で考えすぎて

 行動が追い付かない」

 

人の為に、H君の5WHYを公開させて頂きます 笑

 

 

ご参考までに!

 

 

ではでは

 

 

ーーーーーー

■コンテンツ

 

・思考を深めるワークを!!(5WHYの法則)

・【BEC3】個人コンサル篇(第一部)

 

 

■アウトプット

 

三浦さん、おはようございます、Hです。

 

 

三浦さんのセミナーを聴いたりしていくと、自分との違いがよくわかり、自分のことがよくわかってきました。

 

5WHYの法則も、トヨタのフレームワークで知っている。

たしか、数年前に本も読んだことがある。

 

それなのに、知っているのに、

 

「やっていない」「出来ていない」

 

これに尽きるんだな、と思いました。

 

 

今回の5WHYの法則のワークをアウトプットします。

 

 

■なぜ、ネットビジネスの作業が継続できないのか?

 

 →自分のなかで、作業の優先順位が高くないのでは?

 

 →知識を入れたり、準備をしてからやろうと思っている

 

 →知識を入れたり、準備をする方が、作業継続より楽だから

 

 →自分にとっては、知識を入れたり、準備をする方が得意だし、満足した気になれるから

  (”知る”ということで自己満足になっている)

 

 →気付き・今後の行動:

 

  自分にとって、知識・ノウハウのインプットは、コンフォート・ゾーン(ノウハウコレクター)。

 

  居心地のいい場所に成長はない。

 

  自分にとっては、

  「学んだことを”実践・行動”すること」

  が、成長するために必要なこと。

 

 

  では、”実践・行動”するために、どうするのか?

 

  育児家事などで毎日忙しくヘトヘト。

  時間をコントロールして、作業時間をつくる必要がある。

 

  だから、「やらないことを決める」

 

  2018年12月31日までは、自己満足や安心のために漫然と本を読む、ということを辞めます。

 

  そして、作業をするために、

 

  1スケジュール、行動計画を立てる

  2通勤時間や隙間時間は作業・ネタ探し・リサーチに充てる

  3PCの前に座っているときは、とにかく作業する

  4メール等のコミュニケーションは時間・場所を決める

  5目的・目標や計画は、プリントアウトして、毎朝見返す。

 

  これらのことに取り組みます。

 

 

先日のグルコンでも、Rさんが毎日欠かさずアウトプットをしているということに刺激を受けました。

 

懇親会でも、どうやって継続しているのか?をお聞きし、

 

・自分で決めた

 →それを守る、意思が強いということ

 

・毎朝起きてからBOSに取り組むことにしている

 →”毎朝起きた後”という時間が具体的

  ”いつか”でも”午前中”といった幅があるわけでもない。

  だから、イレギュラーなく、継続できる。

 

BOSのコンテンツで仲間のアウトプット集で刺激を受けてはいましたが、やはり直接会っての刺激は効きました。

 

毎日言っていますが、グルコンに本当に感謝しています。

 

 

【BEC3】個人コンサル篇の第一部を聴いていて、心に入ってきた言葉が、

 

「”稼ぎ”を通じて、人として成長していく」

 

という言葉でした。

 

 

“稼ぐに特化する時期”

 

という、三浦さんに頂いたディレクションにマッチして、

 

「あっ、そうか。

 BOSは、”稼ぎを通じて”成長する場だった」

 

と、再認識しました。

 

 

余計な邪念を忘れるくらい、手足を動かす。

 

“行動”を変えていきます。

ーーーーーー

 

 

 

KOI公式メールマガジン